実例のご紹介

             

[仏教のお葬式]

お父様とお母様の結婚披露宴をイメージして。

エリア:大阪府 小:1~30人 仏教 スタイル:一般葬

お母様はお父様の会社を手伝う中で普段は喧嘩ばかりでした。しかし20年前にお父様が無くなってからはお父様への気持ちが募って体調を壊してしまいました。その様子を見てお母様はお父様が大好きだったと気づきました。
結婚式を挙げていない二人があの世で再会して改めて二人の新婚生活が暖かく送れるように、二人の結婚披露宴をイメージした葬儀を贈りました。

 

祭壇は白とグリーンで清楚な高砂席をイメージしたデザインにしました。二人が新郎新婦として座るイメージでしたので、あえて遺影は飾らないデザイン。

式場には、昔の二人の思い出の写真を飾りその頃を偲んで参列の皆様でお話をしました。結婚式でいう「幼い幼少の二人」の展示です。
展示の写真を覚えている参列者は皆様高齢で、写真の前に準備した拡大鏡が大人気。

お父様が無くなって会社を切り盛りしていたお母様にお礼の言葉が絶えません。

お食事のテーブルには卓上のお花も飾って結婚披露宴を演出。
告別式の前にみんなで明るく和やかな分期気で陰気になる事無くお話も盛り上がりました。

そんな会場で告別式の前にみんなでフルーツとデザートと軽食を楽しみ、楽しく過ごす時間を演出しました。

出棺の前に棺の上に飾るお花は、門出にふさわしくウエディングブーケを準備。普段の結婚式に使うブーケのデザインをおしゃれなシャンパンカラーのお花でデザインしていただきました。

【送り方・感謝の気持ちの伝え方は人それぞれです。】

二人の晴れやかな門出にふさわしい会場装飾と演出をご希望頂き、華やかなお花でお飾りしました。
特にブーケは、某有名ホテルで普段ブーケを制作しているデザイナーに相談、上手く喪主様のお気持ちを表現する事ができました。
結果普段とは違って葬儀っぽくない雰囲気を演出できました。
通常のお葬式とは異なるご意向の中でしたが、普段以上に細かく経緯やご希望をお伺いして積極的にご提案させて頂きました。