さくらじいさんの 葬儀・仏事相談室

香典についてについて

香典は故人様に供える金品のことです。お香を用いない、仏式以外のご葬儀に参列する際は「香典」とは呼びませんので、ご葬儀の宗教に合わせてご用意下さい。お包みする金額も、故人様やご遺族との関係により変わります。

香典についてに関してのQ&A

葬儀に参列できず、香典だけ送る際はどのようにすればよいか?

 

基本的には葬儀に参列できない場合には、改めて弔問に伺うというのがマナーです。しかし最近では喪主様もお忙しく、弔問に伺っても留守ということもありがちです。香典を郵送する場合は現金書留でおくります。郵送の場合には香典だけお送りするのではなく、お悔やみのお手紙を添え、参列できなかったお詫びの気持ちをお伝えするとよいでしょう。

キリスト教の葬儀の場合も香典は必要か?どのような形で渡せばよいのか?

 

キリスト教のお葬式では、お線香やお焼香はありませんので、霊前にお香を供えるという考えがありませんので、
「香典」という物はありません。
香典ではなく「弔慰金」と言うのが一般的です。「弔慰金」は仏教の「香典袋」のように宗派や教会によって表書きが変わります。文房具店などにいくとキリスト教用の袋が
販売されています。花柄で十字架が印字されているものが多いでしょう。
表書きについてですが宗派や教会によっても異なるので、ご家族の方にお尋ねされるが正確です。
一般的にはカトリックの場合には 「御ミサ料」 とし、
プロテスタントの場合は 「お花料」や「献花料」という
表書きをします。
宗派が分からないという場合は、「御霊前」を使ってもよいでしょう。ただし仏教の蓮の花が印刷してある物は避けた方が良いでしょう。「御仏前」は間違いですので気をつけてください。

香典の渡し方について。どうやって渡せばよでしょうか?

 

香典袋をポケットやカバン、ビニール袋など殻取り出すのではなく袱紗(ふくさ)か風呂敷に包んで、もって行かれるのがマナーになります。そして差し出す際には受付の方に「この度は誠にご愁傷様でございます」など、お悔やみの言葉を添えてお渡しします。なお、弔事に適した「紺」や「グレー」の袱紗(ふくさ)が一般的です。

日比谷花壇のお葬式・日比谷花壇の花祭壇について、もっと詳しく知りたい方

詳しい資料が欲しい!

総合カタログと花祭壇集を無料でお届けします。

資料請求

 

費用の合計が知りたい!

条件を入力するだけ。簡単なステップで楽々お見積りできます。

簡単!オンラインお見積りシステム

 

事前に葬儀の相談をしたい!

無料で電話相談やご対面での相談も行っております。

事前相談のご案内

 

もしものときの対応を知りたい!

葬儀ご依頼の流れや、もしものときに必要なものを説明いたします。

葬儀のご依頼はこちら

 

  • オハナクラブ
  • 家族葬 59万円?
  • お急ぎの方へ
  • 事前相談のご案内
  • 簡単!オンラインお見積りシステム
  • 葬儀資料請求

リンク集

お別れナビ

お別れの会・偲ぶ会・社葬・法要の総合サイト

無宗教のお葬式

宗教色のないお葬式のプランを紹介

多摩境フォーシーズンメモリアル

東京都町田市にある葬儀場・お墓の総合施設の紹介

メモリアルハウス花堀江

大阪市西区にオープンした邸宅風の日比谷花壇の自社会館

ライフサポートプラス

シニアライフを応援するサイト

葬儀社様向けサービス

加盟店事業・装花受託事業・コンサルティング業務など

通夜・告別式におくる花

日比谷花壇グループ・イーフローラのお悔やみの花注文サイト

  • お悔やみのお花
  • 日比谷花壇のシニアサポートメディア
  • 葬儀知識