さくらじいさんの 葬儀・仏事相談室

挨拶・お別れの言葉カテゴリの質問一覧

弔辞は故人様へのお別れの言葉です。
自分なりの言葉で故人様への哀悼の意を述べると良いでしょう。
忌み言葉や宗教によって異なる言い回しに注意しましょう。

挨拶・お別れの言葉に関してのQ&A

葬儀に参列した方にお礼の挨拶をしたいのですが、どのようにすればよいか?

 

ご挨拶をなされる方がどのような立場の方かによってご挨拶の内容は異なってまいります。仮に喪主という立場であった場合ですとご挨拶をなされるタイミングがいくつかあります。仮にご葬儀をお通夜と告別式の2日間にわたって執り行なうといたします。式次第によって異なりますが通夜の日は①、お通夜が終わったあとのご挨拶(通夜ぶるまいのご案内を含む)。②、通夜ぶるまいの終わりのご挨拶。告別式の日は③、出棺時のご挨拶。④、お斉の前のご挨拶。⑤、お斉の終わりのご挨拶。となります。ただ、このご挨拶はすべてしなければならないわけではありません。一般的には③の出棺時のご挨拶のみをなされることが多いようです。また、この出棺時のご挨拶の内容ですが、ご会葬者へのお礼、故人の略歴やエピソード、どのように亡くなったかを付け加えることがあります。

会社関係の方が亡くなった際の葬儀の挨拶について気をつける点はありますでしょうか?

 

お悔やみの言葉はシンプルに、差しさわりのないことを手短かに述べるのがよいでしょう。病状や死因などを聞くことは失礼にあたります。また「重ねがさね」「ますます」などのように忌み言葉を使わないこともマナーです。

故人の孫として、葬儀の挨拶をすることになりました。どのような挨拶をすればよいでしょうか?

 

故人の死因や病状等は詳しく説明するのではなくシンプルに説明すのがいいでしょう。また故人との思い出等を手短に述べるのがいいでしょう。また「重ねがさね」「ますます」などのように忌み言葉を使わないこともマナーです。

日比谷花壇のお葬式・日比谷花壇の花祭壇について、もっと詳しく知りたい方

詳しい資料が欲しい!

総合カタログ

総合カタログと花祭壇集を無料でお届けします。

資料請求

 

費用の合計が知りたい!

見積書

条件を入力するだけ。簡単なステップで楽々お見積りできます。

簡単!オンラインお見積りシステム

 

事前に葬儀の相談をしたい!

相談風景

無料で電話相談やご対面での相談も行っております。

事前相談のご案内

 

もしものときの対応を知りたい!

コールスタッフ

葬儀ご依頼の流れや、もしものときに必要なものを説明いたします。

葬儀のご依頼はこちら