さくらじいさんの
葬儀・仏事相談室

宗教やスタイルによって、お葬式の進行やマナーはさまざまです。
日比谷花壇には、毎日さまざまなお問い合わせをいただいております。
ここでは、お客さまからよくいただくご質問にお答えいたします。

 
 

カテゴリー:お別れの会・偲ぶ会

戻る

Q.偲ぶ会のスピーチではどのようなお話をすればいいのでしょうか?注意することはありますか?

A.偲ぶ会が少人数で参会者の方々全員がよく知っている 会もあれば、会社主催の大きなものまであるので一概にいうことはできませんが、基本的には下記のようなことに触れていることが多いと思います。

・故人の訃報に接しての驚きと悲しみ。
・故人と自分の関係性の紹介、出会いのきっかけ
 思い出のお話。
・エピソードから故人の仕事での功績やお人柄、
 学ばされたこと、影響を受けたこと。
・これまでのお付き合い、友情への感謝の言葉。
・お別れの言葉、追悼の言葉、鎮魂の言葉
 「今まで本当にありがとうございました。」、「安らかにお眠りください。」、「これからも見守っていてください」

などで最後を締めくくります。

いずれにしましても会の趣旨、規模、場所、所要時間をしっかりと主催者ならびにご家族の気持ちを理解して臨むことが大切です。

関連リンクはこちら