社葬プロデュースサービス

社葬の実例

品川プリンスホテル 創設者社長のお別れの会(社葬)

品川プリンスホテルにて、社葬をお手伝いさせていただきました。
創設者社長のお別れの会を行いたいと、息子様(現社長)よりご相談をいただき、ご要望の日程で会場をお探しさせていただきました。
会社のお取引様を主とした、300名規模のお別れの会となりました。
先代社長のお話しを伺いつつ、喪主様(奥様)と祭壇のお花をご相談させていただきました。
喪主様のお好きなカサブランカに、季節花のリシアンサス・グリーンの小花のブプレリューム・黄色のバラをアクセントにお入れした花祭壇は、遺影写真の優しい笑顔とも雰囲気が良く、爽やかな印象となりました。
社員の皆様が受付をされ、ご参列の方々をお迎えしていらっしゃいました。
ご招待する方々が都合の良いお時間に来ていただけるようにと、
セレモニーはあえて行わず、ご献花・立食ビュッフェ形式にてご懇談いただく、
お別れの会を行いました。
参会者の方々に美味しい料理を召し上がっていただきたい。
皆様にお召し上がり頂くお料理にも、社長様・喪主様の気配りが込められております。
懇談会場のBGMは、バイオリン・ビオラ・チェロで構成された弦楽三重奏による生演奏をご用意いたしました。
弦楽が奏でるクラッシクをBGMに温かい雰囲気のなか故人の思い出話しをされていらっしゃいました。
思い出のお写真を見ながら、多くの参会者の方々が故人を偲ぶ話しをされていたのが印象的でした。
会場のお手配から、通知状の作成・レイアウト・当日の進行等、プロデュース全てをお手伝いさせていただきましたが、
ご依頼主様より、お別れの会サービスについて大変満足している。
また弊社にお願いしたい。
というお言葉をいただく事ができ、改めてお手伝いさせて頂けたことをありがたく思いました。
打ち合わせの際いつも社長様が、ご招待者や社員の方々をとても気遣っていらした姿が印象に残る、お別れの会となりました。

実例一覧へ戻る