お別れの会プロデュースサービス

お別れの会の実例

電子部品メーカー創業者のお別れの会(新横浜国際ホテル)

電子部品メーカーを創業された前会長がご逝去され、会社主催のお別れの会を新横浜国際ホテルにてお手伝いしました。当日は、お取引先を中心にOB・OG、社員、ご友人の皆様が参列されました。790㎡の広い会場には、18卓の立食用テーブルと3卓の着席用テーブルを設け、ゆっくりとお話しが出来ますように会場を設えました。
主催ご担当者とのお打合せを重ね、ホワイト&グリーンで基礎をつくり水色でコーポレートマークを表現しました。お花は、バラ・トルコキキョウ・デルフィニュームを用いた幅9mの祭壇には、120cm×150㎝の電照パネルのご遺影を設けました。ご遺影には、社員の皆さまと沖縄をご旅行された際に撮影しました写真を使いました。参列された皆さまをにこやかにお迎えされる前会長のお顔が印象的でした。
開式にさきだち、主催者役員の皆様より献花をお手向けになられました。その後、お客様をお迎えするために祭壇脇に立たれました。故人との繋がりの深かった皆様から頂いた「ご供花」は花祭壇など会場装飾の一部となり、お名前は五十音順で芳名版として会場内にお飾りしました。
受付では、ご略歴や自社ビル竣工記念式典やゴルフをなされているお写真を栞にしてお客様へお渡ししました。事前に出席されるお客様を把握されていましたので、出席簿を作成されご用意し、お客様をスマートにご案内しました。
受付を終えられましたお客様は、会場へ向かわれクラシックのBGMが流れる中ご遺影に向かわれ、花をお手向けになられていました。その後、会場内で写真スライドをご覧頂き、お飲み物を召し上がりながら開式までの時間をお待ち頂きました。
会場内には、創業間もない頃に海外出張をなされた際のお写真や社員の皆様と出掛けられた社員旅行のお写真等をパネルとして展示し、お客様にご覧頂きました。主催ご担当者には、にこやかなお顔のお写真を沢山選んで頂きましたので、ご覧になられる皆様のお顔が自然とほころんでいました。
開式の言葉、ご参列された皆様での黙祷を捧げ、前会長のご略歴に続き、
主催者を代表しまして現社長よりご挨拶がございました。続きまして、創業メンバーの1人(お写真)でもありました大切な方より献杯の発声を賜りました。ご挨拶の後、お客様はグラスに注いだビールを手にとられ、懇談が始まりました。
メインのブッフェ料理には、海老のチリソースや春巻き、牛肉の赤ワイン煮込み等の中華・洋食折衷をご用意しました。また、寿司職人が握る「お寿司」やホテル専任コックが盛り付けました「ローストビーフ」がおもてなしに彩を添えていました。にこやかな前会長が祭壇から見守られるなか、和やかな時間を過ごされていました。
懇談の中盤には、主催者様がご用意されました前会長の動画を皆さまにご覧頂きました。また、カラオケの18番でありました加山雄三さんの「海・その愛」のCDをご用意され、皆さまがお聴きになられていました。お別れの言葉(弔辞)には、関係の深い3名が進まれ前会長のお人柄、お仕事やプライベートでのエピソードをお話し下さりました。さらに、当日届きました弔電をご紹介させて頂きました。
主催者からの謝辞では、前会長の手帳に書き留められていた翌週の会議でお話しをされる予定のメモのエピソードを専務様がお話し下さりました。閉式を迎えた会場では、主催者の皆様がお客様のお見送りをされました。閉式後、運営メンバーとして携われた社員の皆様にも献花をお手向け頂き、ゆっくりとお食事を召し上がり頂き、前会長に想いを寄せられる時間を過ごされていました。

実例一覧へ戻る