キリスト教のお葬式についてもっと詳しく知る
カトリックの葬儀・葬送手順

生活をしていく上で、避けては通れない儀式である冠婚葬祭。お仕事などで関わっている方でなければ、そういった慶弔の儀式に関する知識のある方はそう多くありません。特に普段あまり縁がないという人の多い、キリスト教式の葬儀については、式の流れやマナーについてご存じない方もいらっしゃるでしょう。 そもそも、一言でキリスト教と言っても、カトリックとプロテスタントで式の進行が異なるのです。

カトリックとプロテスタントの違い

まず最初に把握しておかなければならないのが、キリスト教における死者に対する考え方です。

仏教では死者は来世に生まれかわるものとされ、葬儀は亡くなった人を弔う儀式となりますが、キリスト教においては、死者は天(神のもと)へ行くので、葬儀そのものは残された家族に対する慰めや励ましといった意味合いが強いものとなります。
キリスト教では、死そのものは不幸な出来事ではない(神のもとで永遠の命が始まるので)という考え方のため、遺族にお悔やみを述べることはありません。

そしてそのキリスト教の中でも、カトリックの葬儀は神父が立会い、葬儀と告別式は別々に行われます。
プロテスタントの場合は牧師が立会い、葬儀と告別式をまとめて行います。

式の流れ自体はどちらも大きな違いはありませんが、通夜のことを「通夜祭」「前夜式」、香典を「御花料」と呼ぶなど、呼称が細かく異なります。
キリスト教式の葬儀に参加することになった際には、まずそれがカトリック式なのかプロテスタント式かを確認するようにしましょう。
ここでは、カトリック式の流れについて説明していきます。

通夜祭から出棺式のながれ

キリスト教にはもともと通夜の概念がなく、日本独自で広まった儀式といえます。

ながれとしては、まず神父が祈りを捧げた後に皆で聖歌を斉唱します。ついで神父が聖書の朗読と説教を行い、参列者が祈りを捧げて献花をします。
祈りを捧げた後は、神父から遺族、親族、その他参列者の順に、故人の棺を清める撒水(さっすい)という儀式を受けます。

その後は必ずではありませんが、故人を偲ぶ会食などが行われることもあります。

カトリックの葬儀は一般的に教会で行われますが、自宅に安置しておいた棺が教会へ向かうことを「出棺」といい、そのために神父は故人の自宅で出棺式を行い、祈りを捧げます。
遺族はここで、故人と最後の対面をし、棺の中に花を添えることになります。
ここで、遺族代表が参列者へのあいさつを述べます。
その後は、神父に導かれて遺族が棺を運び出し、教会で葬儀を行うことになります。

葬儀は、スペースなどの都合で自宅や斎場で行われるケースもあります。

葬儀と告別式のながれ

葬儀ではまず、運ばれてきた棺を祭壇に安置する入堂式から始まります。

それから神父と参列者がそれぞれ祈りの言葉を唱え、祭壇と棺に撒水します。
開式の辞を神父が宣言して「死者のためのミサの祈り」を唱えたら、他の参列者も唱和をします。
ついで、故人の安息が得られるように祈る赦祈式(しゃとうしき)が始まります。
赦祈式では祈りや聖歌斉唱を行い、聖水で故人の罪を清めます。
さらに故人の安息を祈る撒香(さんこう)を行い、最後に祈祷と聖歌斉唱の後、棺の退堂および神父が退出して葬儀が終わります。

正式なカトリックでは本来告別式がありませんが、教会が許可した場合には行われます。
ながれとしては開式の辞から故人についての話、弔電や弔辞の読み上げと続いて遺族からの挨拶というのが一般的です。
その後、埋葬へと移ります。
カトリックは基本的に土葬埋葬ですが、日本では自治体で禁止しているところが多いため、火葬が一般的です。火葬後の遺骨は、そのまま墓地に埋葬するか、一旦引き取って故人が亡くなってから3日目、7日目、30日目、毎年の命日に行う追悼ミサに合わせて埋葬するケースがあります。

まとめ

カトリックの葬儀のながれは仏式の葬儀とはかなり異なりますが、参列する際の注意点はそう変わりはありません。
大切なのは、周囲に配慮した言動を意識することです。
聖歌を歌ったり十字を切ったりといったことは、初めての人には難しいでしょうが、これらは強制ではありません。
しかし、ともに起立したり黙祷したりと周囲に合わせることで自分なりに弔意をあらわすことはできるはずです。
また、上記したようにお悔やみの言葉を述べることはカトリックの葬儀ではありませんので、残された遺族に配慮した言動を心がけてください。