キリスト教のお葬式についてもっと詳しく知る
キリスト教葬儀の参列時に必要になる御花料と
献花のしかた

日本で葬儀といえば圧倒的に仏式が多いため、キリスト教葬儀に参列することになった場合には、戸惑う方もいることでしょう。実際にキリスト教葬儀においては、仏式の葬儀と異なる点が多々あるのは確かです。そこで予めその違いを学んでおけば、いざ参列することになった時でも慌てずに済みます。ここではキリスト教葬儀の流れを踏まえながら、御花料と献花のしかたについて紹介します。

カトリックにおけるキリスト教葬儀の流れ

カトリックの葬儀の特徴は、基本的に故人の所属する教会で行い、葬儀と告別式とを分ける点にあります。

まず葬儀においては神父が聖歌と共に入場し、その後に棺と遺族の入場となります。
なお参列者は、神父が入場した時点で起立します。
次に神父が棺に聖水を注いで献香し、開式の辞と開祭を告示。ここから葬儀が始まります。
葬儀のミサでは神父が聖書を朗読して、説教を行います。
その後、参列者全員で祈りを捧げます。
これを「言葉の典礼」と呼びます。
さらに遺族がパンとぶどう酒を祭壇に捧げ、神父からパンを拝領します。
これを「感謝の典礼」と呼びます。パンを聖体に、ぶどう酒を聖血に見立てて、故人の復活と命の永続性を祈る意味があります。
葬儀が終わると、後日に告別式となります。
まず神父の聖歌入場までは、前日の葬儀の場合と同じです。
そして全員で聖歌斉唱することで、告別式の開式の合図となります。
次に、故人の略歴をはじめ、弔辞や弔電が紹介されます。
それが終わると、喪主・遺族・親族・一般会葬者の順に献花をします。
最後に喪主が参列者に対して感謝の辞を述べ、閉式となります。

プロテスタントにおける葬儀の流れ

プロテスタントの葬儀においては、葬儀と告別式を分けることをせずに、一括して式を行います。
これがカトリックとの決定的な違いです。

まず開式ではオルガン演奏の中で、牧師・棺・喪主・遺族の順に入場します。
この時、参列者は全員で起立します。
次に、牧師が聖書を朗読して祈祷を捧げ、同時に参列者は黙祷してから賛美歌を斉唱します。
さらに牧師による説教と、故人の略歴や人柄の紹介に移ります。
この時に、弔辞や弔電も読み上げますが、内容については弔いというよりも、思い出話になるシーンが多く見られます。
これが終わると、再びオルガンの演奏をバックにして黙祷します。
牧師の祈りと、全員による讃美歌の斉唱の後に、献花が始まります。
なお順番は、牧師・喪主・遺族・親族・一般会葬者です。
最後に参列者全員に対して、遺族から挨拶が行われて閉会となります。
プロテスタントではカトリックとは異なり、使用する言葉も違うので注意が必要です。
例えば、神父を牧師と呼び、聖歌は讃美歌と呼びます。
この点、葬儀中間違わないようにしましょう。

キリスト教葬儀の御花料と献花のしかた

キリスト教の葬儀においても、仏式の御香典に相当する、御花料というものがあります。
そして包む金額についても、仏式と同じように、故人との関係性や自分の立場によって、金額が異なってきます。
基本的には、自分との関係性が遠く薄くなるに従って、包む金額も低くなると覚えておくといいでしょう。
例えば、故人が両親であれば5~10万円。
兄弟姉妹やその配偶者、および嫁の実家の両親であれば3~5万円が妥当でしょう。
また職場関係や友人、あるいは友人の両親などの場合には、5000円~1万円の範囲で済ませれば十分です。
なお、これら御花料を包む熨斗袋については、表側に十字架か百合の花が描かれたものを使用します。
そして表書きに姓名と「御花料」を書くことを、忘れないようにしましょう。

次に葬儀内での献花のしかたですが、仏式では焼香にあたるものなので、しっかりと覚える必要があります。
まず祭壇に進み、献花を係員から両手で受け取ります。
この時、花が右手側になるように注意してください。
受け取った形のままで遺影に一礼して、祭壇側が献花の根元になるように時計回りに回転。献花台に置いたら、遺族と神父あるいは牧師に一礼して席に戻ります。

まとめ

日本人にとってキリスト教葬儀は馴染が薄く、いざ参列する際には慌ててしまうかもしれません。
そうならないためにも、日ごろからキリスト教葬儀のマナーについて、本やネットで学んでおくといいかもしれません。
たしかにカトリックとプロテスタントとの細かい違いなど、覚えることは意外と多いかもしれません。
しかし献花のしかたや御花料のように、宗派を超えて共通点の多い部分は、しっかりと抑えておくべきでしょう。