無宗教のお葬式についてもっと詳しく知る
無宗教式葬儀のよくある質問

無宗教葬儀とは一般的に行われる葬儀とは違って、行う内容から当日の進行まで全て自由に決められる葬儀の形になります。決められた流れを持たない自由な選択ができることで、どこまで許容されるのかといったいろいろなことに疑問に感じる人も少なくありません。そこで今回は、無宗教葬儀においてよく質問される疑問点についてご紹介します。

葬儀の内容や当日の流れについての疑問

無宗教葬儀を行うことを考えている人からの疑問の中でも比較的多いのが、葬儀の内容についてです。

こちらの葬儀はその名の通りどの宗教にも属さない葬儀の形になるので、こうしなくてはいけないといった決まりはありません。
一般的な葬儀では焼香や僧侶による読経が必要な儀式になりますが、無宗教葬儀ではこれらについては必須ではないため、故人や遺族の意志を最大限に取り入れることができます。

また、内容と共に多く質問されるのが当日の基本的な流れについてです。
この葬儀は行う内容の全てを遺族が決めることができることから、当日の流れにおいても組み合わせは自由となります。
一般的に多く選択される方法は、献花台を設けて参列者がそれぞれ献花して共に食事をしながら故人を偲ぶといったものです。
もちろんこれも決まりごとではないため、必ず行う必要はありません。
葬儀会社の人と打ち合わせをしながら自分達の希望の流れで進行できるのが無宗教葬儀のメリットです。

親族などの参列者を含む周囲からの理解

日本では古くからそれぞれの宗派による葬儀を行うケースが多く、人によっては葬儀の形式にこだわる人も少なくありません。
そのため、無宗教葬儀を行うことを考えている人の中には親戚や周囲の人に理解をしてもらえるか、反対されたりしないかという心配をする人もいます。

しかし、時代の流れと共に葬儀の形もさまざまな物を取り入れるようになってきていて、予算の面など個人的な事情で家族葬を選択するケースも珍しくありません。
そういった点からも、事前に故人や遺族の意向でこの葬儀の形を選択したことを伝えておけば周囲も理解してくれるので問題はないと言えます。

また、決まった形式のない無宗教葬儀では、故人の意志により音楽葬のような賑やかな形で葬儀を行うことも可能です。
古くからの伝統を重んじる人などはこういった葬儀の形に驚かれることもありますが、大切なのは亡くなられた人の意志を尊重することなので、しっかりと説明をすれば理解は得られることでしょう。

四十九日の法要や仏壇の有無について

無宗教葬儀は一般的な葬儀とは異なり特別な決まりがないことが特徴になりますが、利用者の中には四十九日や一周忌の法要などを行うべきか疑問を持つ人もいます。
通常の葬儀の場合は故人が亡くなってから49日後に行うのが一般的ですが、これは仏教の世界では亡くなって49日後に仏の元へと向かうという考えから来ているものです。
無宗教葬儀においては、これらの法要についても特別な決まりはないので、遺族の意志で行わないということであれば法要をしなくても特に問題はありません。
しかし、故人が安らかに眠れるように四十九日や一周忌の法要を行って、食事をしながら故人を偲ぶ選択も必要なことだと言えます。

そのほかにも、仏壇や位牌の有無についての質問をされる人も少なくありませんが、決まった宗派がないためこういった準備も自由に選ぶことが可能です。
費用や置き場所といったそれぞれの事情を考慮して用意するかどうかの選択ができる点も、無宗教葬儀ならではのメリットになります。

まとめ

物事において自由な選択ができる時ほど、必要となることや許される範囲についてなど疑問も多く出てきます。
無宗教葬儀においても同様に、故人や遺族の意志を優先して好きな形での葬儀ができるからこそ、周囲への理解や必要最低限のマナーについて知っておかなくてはいけません。
当日の葬儀で失敗をしないようにするためにも、気になることがあったら事前にしっかりと質問をすることが大切です。