お別れの会や、社葬、法要、偲ぶ会など、
すべての「お別れ」のセレモニーを日比谷花壇がお手伝い。
あなたの困ったを解消いたします。

大好きだったシャンソンを流しながらのホテルメトロポリタンでのお別れの会

  • 防災機器を扱う会社の経営を長年支えてこられた代表の奥様がご逝去され、取引先、趣味のお仲間、ご親族100名が参列されましたホテルメトロポリタンでのお別れの会をお手伝いさせて頂きました。
  • バラがきれいな5月の開催でしたので、祭壇のメインとなるお花にはバラをご用意しました。また、八重咲のトルコキキョウには、ホワイト、ピンク、パープルを使い、全体的に可愛らしさのなかにも高貴な印象となりました。祭壇の後方にもお花をお飾りしてより華やいだ彩を添えました。
  • 受付には、社員の皆様が立たれお名刺または、対面にご用意しました机にて記載されたご芳名カードを受け取られご関係者をお迎えになられました。
  • 会場の一角には、主催者がご用意された思い出コーナーを設けました。お仲間とのご旅行や社交ダンスのお写真、趣味の手芸や工作物を展示され、周りにはお花をご用意しました。また、グラビアモデル時代のモノクロ写真をご一緒にお飾りしました。
  • 会場の後方には、約20品のお食事をご用意し、中央には祭壇と同系色の色合いで装花をご用意しました。ホワイトの大輪のユリとピンクのバラ、ライムグリーンのアジサイと一緒にアセビの枝を花器にいけました。
  • 受付を終えられたお客様には、ご遺族より献花のカーネーションをお渡しになられ祭壇前に設けました献花台にお手向け頂きました。まもなく開式の時間を迎え、ご旅行がご縁で知り合われた方が司会を務められました。開式の言葉に続き、ご参列の皆様での黙祷、ご主人との出会いを織り交ぜた略歴のご紹介、発起人代表からのご挨拶、献杯のご発声と進行しました。

事例紹介ページに戻る

ご相談は24時間365日いつでも対応