お別れの会や、社葬、法要、偲ぶ会など、
すべての「お別れ」のセレモニーを日比谷花壇がお手伝い。
あなたの困ったを解消いたします。

ご本人が決められた横浜ベイシェラトンホテル&タワーでのお別れの会

  • 生前、ご本人よりお問合せを頂戴し、ご家族と一緒に会場見学を兼ねましたお打合せをおこないました。会社関係、大学同期生、趣味のお仲間、大切な皆様をお招きしてのお別れの会をお手伝いさせて頂きました。ゆっくりお食事を召し上がって頂きたいとのご本人の思いから、席札をご用意しホテルサービスによるコースお料理をご提供させて頂きました。
  • 中央にご遺影をお飾りし四方を囲むように、淡いピンクの色調で祭壇をおつくりしました。お花は、バラやトルコキキョウをメインに中央下段には、上質の胡蝶蘭をお飾りしました。祭壇両サイド(前方)には、著書やご本人が起業された会社の当時のパンフレット、趣味の水彩画集をお飾りしお招きされた皆様がご覧になられていました。
  • 会場入口に受付をご用意し、ご招待の皆様をお迎えしました。受付では、当日のお食事メニューとご本人が選ばれたお写真、皆様へのお礼のお言葉を栞としてお纏めしまして、お渡しをしました。
  • 受付を済まされたご招待の皆様にお席をご案内しました後、会場中央に設けました祭壇にお進み頂き、献花をお手向け頂きました。
  • 司会者による開会の言葉に続き、ご遺影に向かい黙祷を捧げました。続いて、ご遺族を代表しまして喪主様よりご挨拶を頂戴しました。
    高度経済成長期、仕事を通して育まれた友情や絆に触れられ感謝のお言葉をお話しされていらっしゃいました。次に、司会者よりご略歴をさせて頂き、現役時代にお世話になられた大切な方より献杯の発声を賜りました。
  • 懇談中には、幼少時代から直近に至るまでのお写真をまとめ、投影しました。現役時代の懐かしいお写真に、笑い声があがるなど和やかな時間となりました。続いて、お別れの言葉(弔辞)には、会社の後輩、ご友人、趣味の水彩画の先生にお進み頂き、故人様との思い出を語られ、故人様のお人柄を讃えられていました。懇談を挟み、ご遺族より皆様へお礼のお言葉をお話しになられ閉会となりました。

事例紹介ページに戻る

ご相談は24時間365日いつでも対応