ホテルを利用する

 

【ホテルでの社葬:クオリティが高く、充実したサービスが特徴】

 

 

大型のバンケットルームがあるホテルでもお別れの会・社葬を行うことが可能です。ホテルを利用するメリットとして、多くのホテルは、電車や車でのアクセスが良く、天候に左右されないことや、ホテルが保有するアテンダント・クロークのスタッフ、料理・飲み物のサービスなどを利用することができることなどがあります。

 

また、バンケットルームはパテーションで区切ることができるため、人数に合わせた会場を選ぶことができます。

 

利用する際の注意点は、多くの会場では、焼香ができず、仏式での社葬ができないこと(一部のホテルでは可能)と、婚礼のシーズン(4-6月、10-12月)は、バンケットルームが予約されていることが多く、希望の日程での式を必ずしも行えない可能性があります。

 

寺院の葬儀会館と比較すると、華やかな内装と、明るいイメージから、伝統・形式を重視した葬儀スタイルというより、故人の思い出の写真や映像を流したり、音楽を演奏したりなどの、温かな演出を行う場所として適しています。

 

また、ホテルの料理のサービスを利用できるため、それぞれのホテルが持つ、こだわりの料理を温かいままでお召し上がりでき、ご会葬の方に充分なおもてなしができます。