仏教のお葬式

ご住職のお導きで故人の成仏を祈るお葬式です。
日比谷花壇では伝統的な仏教葬はもちろんのこと、お客さまのご要望に応えた自由度の高いお葬式まで、さまざまなタイプに対応します。

 
 

仏教のお葬式の流れ

式場で行われた仏教形式で行われたお葬式の事例です。

受付

お通夜の開式の1時間くらいより式場にお集まりいただきます。

お名前をお書きいただきます。

 

返礼品やお礼状をお渡しします。

 

ご着席いただき開式までお待ちいただきます。

通夜

住職が到着され、一般的には18時から開式となります。

住職のご入場により開式になります。

 

お通夜のお経をあげていただきます。

 

喪主様、ご親族から順でお焼香をいただきます。

       

閉式の後、故人との思い出を語らいあいながらの会食の席となります。

 

 

 

 

告別式

翌日、通夜の日同様にご住職にお経をあげていただきます。

住職のご入場により開式になります。

 

お通夜のお経をあげていただきます。

 

喪主様、ご親族から順でお焼香をいただきます。

祭壇に飾られたお花や思い出のお品物をお棺に納めます。

 

ご親族を代表して出棺を前に御礼のご挨拶をいただきます。

 

式場から火葬場にむけてご出棺となります。