お知らせ

新しいサービスの開始や、各種メディア掲載情報など。
こちらの新着情報をご覧ください。

 

5/17(金)イベント開催 ノンフィクション作家・井上理津子先生に学ぶ「変わりゆく供養とお墓のカタチ」

 
2019-05-09

 

 

日比谷花壇のお葬式が定期的に行ってきたお葬式勉強会。

5月は講師をお招きしての特別イベントになります。
今はお葬式だけではなく、「お墓」の在り方も大きく変わってきています。

昨年、「いまどきの納骨堂」という作品を執筆された井上理津子先生を講師にお招きして「お墓」、

「供養」のカタチを考えるイベントを開催します。お墓のお悩みをお持ちの方には必聴のイベントです。

 


●日時:2019年5月17日(金)14:00-15:30(13:30受付)

●場所:日比谷花壇 本社 3F
「COTOcafe(コトカフェ)」東京都港区南麻布1-6-30

●定員:先着30名(無料)  

●申込予約:0120-06-3987まで

■講師の紹介:ノンフィクション作家・井上理津子先生

葬儀やお墓、供養に関する著書を多数執筆されていらっしゃいます。
昨年執筆された「いまどきの納骨堂 変わりゆくお墓と供養のカタチ」の話を中心に

「お墓をどうしよう」、「お墓をどこにしようとお悩みの方に少しでも

お役に立てるようなお話をしていただきます。

昨年、ノンフィクション作家・井上理津子さんが小学館より販売された

『いまどきの納骨堂 変わりゆくお墓と供養のカタチ』という著書は、

多様化する新しいスタイルのお墓を巡り、これからの「供養」のカタチを探る作品です。

 

 

このたびはこの著書にまつわるお話をたくさんしていただきます。

 

■「看取り」、「弔う」、「供養」をテーマにした井上理津子先生の代表作品のご紹介

ぜひこの機会に井上理津子先生の様々な作品に触れてみてください!


●『親を送る』(集英社インターナショナル/2015年・集英社文庫/2018年)

作者自身の両親を看取ったドキュメンタリー。「看取り」の苦しさ、悲しみに迫る作品

●『葬送の仕事師たち』(新潮社/2015年・新潮文庫/2018年)

葬儀社社員、納棺師、
火葬場職員など死の職を通じて「弔うこと」を考える作品

 

■会場までのアクセス

 

■イベントのお申込み方法
(株)日比谷花壇ライフサポート事業部のフリーダイヤル(24時間365日対応)にて、

ご予約を承ります。参加費は無料です。
ご参加お待ち申し上げております。

お申込み電話番号:

0120-06-3987