手元供養とは?特徴について






手元供養とは

少子高齢化や無宗教の人の増加など社会が大きく変化する中で、人々の埋葬や供養に関する考え方も変化を見せています。従来はお葬式を上げたら遺骨をお墓に納め、お盆や命日などにお参りするというのが標準的な考え方でした。しかし、お墓の管理をしてくれる子孫がいなかったり、いても遠くに住んでいてお墓参りに来るのも難しいケースもあり、さらには子供に後々面倒を掛けたくないと考える人も増えています。そうした状況から「海洋散骨」や「樹木葬」、あるいは「納骨堂」といった新しい埋葬方法に注目が集まっています。

このように、従来の埋葬方法にこだわらない人たちが増えていく中で、注目されるようになったのが「手元供養」です。話題になることが多いため、手元供養という言葉を聞いたことがあるという人は多いでしょう。しかし、具体的にどのような供養の方法なのか、どんなメリットやデメリットがあるのかということはあまり知られていないのではないでしょうか。そこで、ここでは手元供養の特徴やメリット・デメリット、遺骨の保管方法などについて解説します。

手元供養の方法とその意味合いについて

手元供養とは、遺骨のすべてもしくは一部をお墓に納めず、手元に置いて供養する方法です。大切な人を亡くすというのはとても辛いことで、なかなか短期間ではその事実を受け入れられないという人も多いでしょう。そんなとき、手元供養という形で遺骨が手元にあれば、常にそばにいてくれるような気がして寂しさも紛れるのではないでしょうか。遺骨をお墓に納めてしまえば本当にこれでお別れ、という形になってしまいますが、手元供養ならいつでも故人を感じることができます。

もちろん、遠くのお墓までお参りに行かなくてよい、あるいはお墓を持つためにかかる高額な費用が捻出できないといった事情もあるかもしれません。また、特定の宗教にこだわりたくないという思いを持つ人もいるでしょう。そうした様々な事情から、手元供養を選ぶ人が増えています。

なお、遺骨の取り扱いについて日本では「墓地、埋葬等に関する法律」で定められています。お墓に埋葬する場合はこの法律に従い、都道府県の認可を受けた墓地に埋葬する必要があります。ただし、必ず墓地に埋葬しなくてはならないということはなく、遺骨を自宅に置いて供養することは禁じられていません。そのため、手元供養は法的にも問題のない供養の方法と言えます。

手元供養のメリットやデメリットは?

ここでは、手元供養を検討するに当たって理解しておく必要があるメリット/デメリットについて解説します。

手元供養のメリット

お墓を持つことに比べて費用が格段に安く済む、墓地の手入れや遠方までお参りに行く手間がないなどのメリットはもちろんですが、どちらかというと精神的なメリットを感じている人が多いようです。遠くのお墓に入ってしまうと本当に故人と離れてしまった気がして寂しくなるものですが、手元供養でいつもお骨がそばにあれば、そこに故人の存在を感じることができます。見守ってくれているような安心感もあり、悲しみを和らげることができるでしょう。

手元供養のデメリット

従来の供養の方法とは大きく違うため、親類縁者の中には手元供養をよく思わない人もいるかもしれません。中には、お墓に納めなければ成仏できないなどという人もいるでしょう。そのため、手元供養をするのであればそうした人たちを説得し、納得してもらう必要があります。分骨して遺骨の一部はお墓に納めるという方法もあります。また、手元供養しているお骨を自分が管理できなくなったときにどうするかも決めておく必要があるでしょう。

手元供養の保管方法

手元供養でお骨を保管する方法には様々なものがあります。ここでは、代表的なものをご紹介します。

ミニ骨壷

手のひらサイズの小さな骨壷で、様々な色・柄・デザインのものがあり、好みに合わせて選べます。なお、カビを防ぐため、骨壷は風通しの良い場所に置くようにしましょう。ミニ仏壇とセットになったものもあり、写真やお花を一緒に飾ることができます。もちろんミニサイズですから、場所を取りません。

アクセサリー

ペンダントやリング、ブレスレットに少量の遺骨を入れられるようになったものがあります。見た目はおしゃれなジュエリーそのもので、身に着けて歩くことができますので、常に故人とのつながりを感じることができます。キーホルダータイプもあるため、女性だけでなく男性や子供も身に着けることが可能です。

インテリア小物

可愛いぬいぐるみや人形の中に遺骨を納められるようになっているものもあります。また、遺骨を砕いてパウダー状にし、金属と合成してプレートに仕上げた「遺骨プレート」というものも選択可能です。いずれもお部屋に違和感なくなじむものばかりです。

最後に

人々の考え方が多様化する中で、故人の供養の方法も以前とは違ったものが多く出てきています。その中でも、手元供養は故人を身近に感じられ、いつでも好きなときに手を合わせられるという点で人気があります。もちろんデメリットもありますのできちんと把握し、周りの理解を得ておくことは必要です。その上で、自分の納得いく供養の方法を選びましょう。

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




関連記事

  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ