手元供養の方法・全骨・分骨の違いにつて

手元供養の方法について

手元供養をするには、まず遺骨を全て保管する全骨にするか、一部保管する分骨にするかを決めなければなりません。その上で、全骨にする場合は骨壺を用意し、分骨の場合には所定の手続きを経て受け取った遺骨の一部を様々な方法で保管することになります。

全骨の場合には埋葬する際に使う骨壺を用意するのが一般的ですが、東日本と西日本ではサイズが異なりますので注意が必要です。東日本はすべての遺骨を入れるために6~7寸の大きめの骨壺になりますが、西日本は遺骨の一部を入れるため、3~5寸程度です。なお、全骨を自宅に保管する場合は骨壺の他に、台付きの仏壇か納骨できる仏壇台などを用意するのが一般的です。

分骨の場合はミニサイズの骨壺を用意し、故人の写真や位牌を一緒に飾っておけばいつでも手を合わせることができます。ミニサイズの骨壺は色やデザインの種類が豊富で、素材も磁器以外にガラスや金属などバリエーション豊かです。故人の好みや室内のインテリアに合わせて選ぶと良いでしょう。また、常に故人を身近に感じていたいという人には、アクセサリータイプもおすすめです。ペンダントやブレスレット、キーホルダー、数珠などに遺骨や遺灰を納められるようになっており、見た目は普通のアクセサリーと変わらずに普段使いできます。さらに、遺骨そのものを高温圧縮して人造ダイヤモンドに加工し、アクセサリーとして身につける方法もあります。

手元供養をしたいけれど、骨壺を家に置くのはためらわれるという場合には、遺骨を収められるぬいぐるみや人形がおすすめです。常に目につく場所に置ける上、他人からは遺骨と知られにくいですので気兼ねなく飾れます。遺骨や遺灰を加工して、陶器のプレートや花瓶にすることもできます。

全骨と分骨の違いについて

全骨というのは遺骨の全てを保管・供養することで、分骨は遺骨の一部を持ち帰り、自宅等で保管および供養することです。そのため、全骨では大きめの骨壺や自宅で保管する台、場所などが必要になりますし、分骨では持ち帰らない遺骨をお墓や寺院に納骨する必要があります。

全骨の場合は遺骨の量が多いため、ミニ骨壺ではなく本来の大きさの骨壺を用意するか、小さめの骨壺を複数用意して小分けにして収めます。体積をできるだけ減らしたい場合には、粉骨をすることも可能です。粉骨というのは遺骨を細かくして隙間を極力減らす方法で、本来の体積から3~5分の1まで圧縮することができます。大きめの骨壺を保管する場所が必要ですし、お参りをするための仏壇等を購入するため、分骨と比べると費用は若干高額になります。

分骨は遺骨の大半はお墓や寺院に納骨し、一部を持ち帰る方法です。遺骨には所有者が決められていますので、所有者からの同意は必ず得なければなりません。他の親族にも話を通して、同意を得てから手続きを進めるのが望ましいです。分骨の場合、持ち帰る遺骨の量は自分で決めることになります。ミニ骨壺に入れるなら一握りくらいの量、アクセサリー等に入れるなら一つまみあれば十分ですが、人造ダイヤモンドや磁器などに加工する場合には前もって加工業者にどれくらいの量が必要なのか確認しておいた方が良いでしょう。

分骨する手続きやマナー

分骨をするタイミングは、火葬時と既にお墓に納骨している遺骨を持ち帰る時の2つです。所有者や親族にあらかじめ話をして同意を得ておく点は共通していますが、いつ分骨するかによって手続きの内容は若干異なります。

火葬時に分骨を行う場合

分骨することが決まったら、遺骨を保管するための手元供養品を用意します。また、お墓に納骨するときには前もって寺院や墓地に分骨された遺骨を埋葬できるか確認しておきましょう。火葬が行われる前には、葬儀業者や火葬場の担当者に分骨する旨を伝えておく必要があります。手元供養する場合には不要ですが、複数の寺院や墓地に納骨する場合には埋葬時に分骨証明書や火葬証明書(分骨用)が必要です。そのため、分骨証明書は最低限埋葬する墓地等の数だけ申請しましょう。まだ保管場所や供養方法を決めていない場合や今後寺院に納骨する可能性がある場合には、持ち帰る分の証明書も申請します。その後は通常通りに火葬を行い、焼骨後に火葬証明書(分骨用)と遺骨を受け取るという流れです。

納骨後に分骨を行う場合

納骨後の分骨は、遺骨の管理者等とのやり取りが必要になるため手間がかかります。まずは遺骨を所有している祭祀者に分骨の許可を取り、墓地の管理者から分骨証明書を発行してもらいます。この管理者は墓地の種類によって異なり、公営墓地の場合は自治体の窓口や墓地の管理事務所、民営墓地の場合は墓地の管理事務所、寺院墓地の場合はその寺院の住職へ連絡が必要です。分骨証明書を受け取ったら分骨ができるようになりますが、石材店等業者の手が入ることになるため、事前に墓地の管理者に連絡をしておきましょう。また、分骨を終えて遺骨を再び埋葬する際には開眼供養や魂入れなどを行うため、お布施の準備もしておきます。

分骨は手続きとしてはそれほど煩雑ではありませんが、マナーとして関係者に迷惑をかけないような気配りが欠かせません。遺骨の所有者である祭祀者や親族に誠意を持って説明して承諾を得ること、業者や墓地の管理者、住職と連絡をきちんと取って日程調整をしておくことを徹底しましょう。

最後に

手元供養にも様々な方法があり、それによって用意する手元供養品や必要な手続きも異なります。まだそれほど周知されていない供養方法ということもあり、周囲への説得も必要です。ただ、手元供養自体は法律的にも宗教的にも問題はありませんので、自分らしい方法で故人を偲びたいという場合にはぜひ取り入れてはいかがでしょうか。

この記事を書いた⼈

株式会社⽇⽐⾕花壇
フューネラルプロデューサー

金澤 和央(カナザワ カズオ)

関連記事

  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ