いざというときに慌てないために。自分で決める葬儀準備






葬儀の準備って必要なの?

自分の最後に関して色々不安に思うことはあっても、葬儀の準備は本当に必要なのか疑問に思っている方もいるかもしれません。結論から言うと、葬儀の準備は必要です。ここでは、どうして葬儀の準備が必要になるのか具体的にご紹介していきます。

自分が理想とする葬儀を叶えるため

自分が亡くなった後、どのように見送ってもらいたいか具体的に考えている方も多いのではないでしょうか。そこまで明確なことを考えていなくても、「こんな感じにしてもらいたい」などと漠然としたイメージは持っている場合、自分の理想とする葬儀を叶えるためにも葬儀準備は必要になります。今まで自分の葬儀に関して真剣に考えたことがない方は、少しずつでも準備を進めていくことをおすすめします。

家族がスムーズに葬儀を進めていくため

本人が葬儀の準備をしていなかった場合、残された家族が葬儀の準備をします。しかし、事前に何も決めていないので、どこで葬儀をするのか、誰を呼ぶのかなど全く分からず家族を困らせてしまう可能性が出てきます。場合によっては、遺族の間でトラブルに発展してしまう恐れもあるので注意しなければいけません。家族の負担を減らして穏やかに見送ってもらうためにも、やはり葬儀準備は必要だと言えます。

生前に決めておきたいこと

葬儀準備が大切だということがしっかり理解出来たら、次は生前に決めておきたいことを考えなければいけません。どのようなことを決めるのか説明していくので、自分に必要だと思うことをピックアップしてチェックリストを作成しておくといいでしょう。

喪主は誰が務めるのか

葬儀準備でまず最初に決めなければならないことは、誰が喪主をするのかということです。結婚している場合は、配偶者や子どもが務めることが多いですが、自分で喪主をしてほしい人を指名することも出来ます。親族間のトラブルを避けるためにも、どうしてその人を喪主として指名することになったのか、経緯を一緒に伝えると安心です。

葬儀にかかる費用はどうするのか

葬儀にかかる費用は安いとは言えないので、誰が支払うのかを決めておくことが大切になります。もし決めておかなければ、「長男だから払って当然」というように、誰が一人にだけ負担がかかってしまう恐れがあるからです。それがきっかけとなって、親族同士が揉めてしまうことも十分に考えられます。喪主を務める人や、近しい親族を集めて決めておくことをおすすめします。

どこで葬儀をするのか

生前に決めておきたいことの一つとして、葬儀を行う場所が挙げられます。どんな雰囲気で見送って欲しいのかハッキリしている場合は、自分で葬儀場を見学しに行って場所を決めておくといいかもしれません。見学をする際は、葬儀場の雰囲気はもちろん、スタッフの方の対応の仕方や、葬儀の流れに関してしっかりチェックすることが大切です。自分が納得のいく葬儀場が見つかったら、生前予約をするという手もあります。

生前に用意しておきたいこと

葬儀準備をする中で、生前に用意しておきたいことがいくつかあります。どんなことを用意しておけばスムーズなのか知りたい方は要チェックです。

自分が気に入っている遺影写真

葬儀には遺影写真が必要ですが、用意しておかなければ家族が決めた遺影写真が使われることになります。多くの人が目にする写真なので、自分が気に入っているものを遺影写真として準備しておくようにしたいところです。以前撮った写真の中から選んだり、写真館に行って新しく撮ってもらったりする方法があります。写真館によってはメイクやヘアセットをしてもらったりすることも出来るので、写真にこだわりたいという方に向いています。

葬儀にかかる費用

家族と一緒に葬儀について話し合うことも大切ですが、葬儀にかかる費用を家族に負担させたくないと考えている方もいるのではないでしょうか。その場合は、自分の葬儀にかかる費用を貯金しておく必要があります。事前に、自分の葬儀にはどれくらいお金がかかるのかを計算すると見通しが立てられます。

葬儀に呼びたい人の連絡先リスト

自分が亡くなった時に、誰を葬儀に呼びたいか決まっている場合は、家族が連絡を取りやすいように連絡先リストを作成しておくと安心です。連絡先リストには、相手の名前や連絡先の他にも、どういう関係性なのかということまで細かく書いておかなければなりません。親しい間柄でも住所などが分からないのであれば、生前に直接本人から聞いておくようにしてください。また、連絡先リストが出来たら喪主を務める人や家族に渡すのを忘れないようにしましょう。

葬儀の準備は計画的に!

自分の最後のことを考えるのは気が進まないかもしれませんが、家族のことを考えると生前から葬儀の準備をしておくことが大切になります。自分がどんな葬儀を望んでいるのか、考えをまとめておきましょう。余裕があれば葬儀場を見学しに行ったり、遺影写真を撮影しておいたりすることをおすすめします。時間がかかる場合もあるので、今から計画的に準備を進めていきましょう。

「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をプレゼント

日比谷花壇のお葬式では、資料をご請求いただいた方全員に、商品がすべて掲載された総合カタログと、
葬儀の不安を解消する「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をお届けします。
(「日比谷花壇のお葬式がわかる本」は首都圏限定)
創業150年を迎えた日比谷花壇が手がけるお葬式について知っていただくだけでなく、
喪主をはじめて務める方にも役立つ情報が満載です。

いざというときのための準備にお役立てください。
(営業のお電話などはいたしませんので、ご安心ください)

終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! 終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! WEBで1分!カンタン申し込み今すぐ無料で資料をもらう

さいごに

葬儀に関してお困りのことがあれば、日比谷花壇のお葬式までお問い合わせください。
24時間365日お問い合わせやご相談を無料で受け付けております。

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ