キリスト教の花祭壇の特徴や 注意するべきポイント






キリスト教の葬儀における祭壇の意味

 どの宗派であっても、葬儀の際は葬儀会場の正面に祭壇を設置するのが一般的です。しかし、それぞれの宗教ごとに飾りつけのポイントなどに違いがあります。この記事では、キリスト教の葬儀における祭壇の飾りつけのポイントや注意事項を紹介していくので、是非参考にして下さい。

キリスト教は仏教とは違い、死を穢れと考えることはありません。葬儀も故人を供養するという意味よりは、生前のことに対しての感謝や天へ召されることへの祝福などといった意味がメインとなっています。

そのため祭壇も感謝や祝福を表すように、生花で飾りつけるのが一般的です。キリスト教の葬儀は基本的に教会で行うため、教会にある祭壇に飾りつけします。両脇に設置するのは、生命の象徴であるろうそくです。聖書ではろうそくの炎で命や愛を例えており、ろうそくは重要なものと言えます。また、設置場所は祭壇の上や棺の近くでも問題ありません。棺は祭壇の手前に置き、その奥の真ん中に遺影を設置します。

一番重要なのはキリスト教の信仰を表す十字架ですが、教会で葬儀を行う場合はすでに設置されているため別途用意する必要はありません。しかし葬儀会場で行う場合は十字架を用意し、祭壇の一番上の中央に配置します。すでに説明しましたがキリスト教の葬儀には故人を供養する意味はなく、祭壇に供物を並べることもありません。祭壇の飾りつけは、全体的にシンプルと言えるでしょう。飾りつけの生花は、原則として白い花を使用します。特に純潔や無垢といった花言葉がある、白ユリを中心に飾りつける場合が多いです。

キリスト教の花祭壇の飾りつけのポイント

 葬儀の多様化が進み、どの宗教でも型にはまりすぎず、故人らしさを表せるような葬儀にする傾向が強くなっています。祭壇も本来の意味よりも、故人や遺族の意向を尊重したものを使用するケースが多いです。その時によく利用されているのが花祭壇となっています。花祭壇はデザインの自由度が高く、宗教色があまり出ない傾向にあり、故人らしさを表現するのに適した祭壇と言えるでしょう。葬儀が暗くなりすぎないのも特徴です。キリスト教の葬儀でもシンプルな祭壇だけでなく、明るい色の花で飾りつけた花祭壇を使用することも可能となります。

キリスト教の花祭壇の特徴は、カトリックとプロテスタントの宗派ごとに飾り方を変える必要がある点です。カトリックとプロテスタントの本来の祭壇にはそれぞれ違った特徴があり、花祭壇を使用するとしても基本的なルールは守る必要があります。そのため宗派ごとに飾り方を変える必要があり、その点がキリスト教の花祭壇の飾りつけのポイントとも言えるでしょう。カトリックの場合真ん中に牧師が立つことを踏まえて、花の飾りつけを左右に配置するのがポイントです。プロテスタントの場合は、白ユリで作った十字架を飾るようにします。

またどちらの宗派でも、特に棺の周りを華やかに飾りつけるのもポイントでしょう。カトリックもプロテスタントも飾りつけに使用する花の自由度は高く、バラやカスミソウ、ストックなどを使用するのが特に多くなっています。その他の季節の花も使用可能です。花の色に関しても、パステルカラーなど明るい色を取り入れることがよくあります。こういった自由度の高さは、キリスト教の葬儀の意味が感謝や祝福であるからとも言えるでしょう。故人の好きだった花や色を取り入れやすいのも、キリスト教の花祭壇の特徴です。

キリスト教の花祭壇の注意事項

 キリスト教の花祭壇の花の種類や色の自由度が高いと言っても、どんな花でも良いわけではありません。本来は白い花のみで飾りつけるのがマナーなので、やはりあまりに派手な色の花は避けた方が無難です。遺族の悲しみのことも考慮すれば、落ち着きのあるユリやカーネーション、胡蝶蘭などが最適と言えます。また本来は洋花のみで祭壇を飾るため、花祭壇の場合も洋花だけで仕上げた方がトラブルなく済むでしょう。キリスト教の葬儀は比較的自由度が高くなってきていますが、中には教えを重んじた厳格な葬儀を行う場合もあります。

特にプロテスタントは偶然崇拝を禁止しており、祭壇を花で豪華に飾ることも嫌う傾向にあるので注意して下さい。キリスト教の葬儀を行うことは日本では少なく、マナーを把握できていない葬儀社も中にはあります。そのような葬儀社に花祭壇を依頼するのは、トラブルの可能性が高くなり危険です。ホームページなどで調べ、キリスト教の花祭壇を作った実績がある葬儀社を選ぶようにしましょう。また祭壇の飾り方は、教会ごとに異なることもあります。花祭壇を使用する際は、葬儀社だけでなく神父や牧師ともよく相談するようにしましょう。

最適な花祭壇で故人を送り出そう

 キリスト教の葬儀は故人を供養するというより、感謝や祝福を表す傾向にあり、祭壇にもその意味がよく表れています。基本的にシンプルな祭壇を使いますが、故人らしさを表すためにデザインの自由度が高い花祭壇を利用することも可能です。その際は、宗派ごとに飾りつけが違う点に注意して下さい。故人が天へ召されることを祝福しながら、遺族の悲しみを和らげることも考え、最適な花祭壇にしましょう。

「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をプレゼント

 

お急ぎの方、ご検討中の方もまずはお電話を
日比谷花壇のお葬式は、病院へのお迎えから葬儀の打ち合わせ・進行、アフターサービスまで一貫してお手伝いしております。
お電話による事前のご相談も可能です。
ささいなことでも、初めてのお電話でもかまいません。
フリーダイヤルよりお電話ください。24時間365日受け付けております。
お急ぎの方はこちら>>

 


また、初めて喪主となる方でも安心してご依頼いただけます。
葬儀については「初めての方へ」のページもごらんください。
はじめての方へ|日比谷花壇のお葬式>>


資料をご請求いただいた方には、以下の資料を葬儀とわからない封筒でお送りいたします。
・すべての商品の価格が掲載されている総合カタログ
・葬儀が最初から最後までよくわかる日比谷花壇のお葬式がわかる本
オリジナルクリアファイル

終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! 終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! WEBで1分!カンタン申し込み今すぐ無料で資料をもらう

最寄りの葬儀場やご希望の花祭壇から調べることもできます

日比谷花壇のお葬式は、首都圏の約500式場・関西の約700式場でお葬式を行うことができます。
ご自宅近くの斎場・葬儀場や、ご希望の花祭壇から葬儀の相談を始めることも可能です。

葬儀場を探す|日比谷花壇のお葬式>>
花祭壇|日比谷花壇のお葬式>>

キリスト教のお葬式についてはこちらもご覧ください。
キリスト教式葬儀とは?|日比谷花壇のお葬式>>

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ