葬儀に季節のお花を取り入れる-季節の移ろいの中で故人を想う






葬儀にも旬のお花を取り入れる

 葬儀といえば急なもので、葬儀社が用意している花祭壇は季節に関係なく手配できる花が多くつかわれています。

日比谷花壇のお葬式でも、常にお選びいただける花祭壇は季節を問わず流通している洋花を中心に花祭壇をデザインしております。
例えばリシアンサス・カーネーション・キクの仲間のようなお花が多くつかわれています。
 
 
一方で、生花は自然のものですから、旬があります。
花屋によく行くという方はお気づきかと思いますが、出回っている花によって店頭の様子は大きく変わり、季節の移ろいを感じることができます。
 
日比谷花壇のお葬式では、急なお葬式でも、季節のお花を取り入れた花祭壇をつくることができます。
その季節に旬を迎えた花を花祭壇に取り入れたり、出棺の際のお花入れや献花に季節のお花を使ったり、思い出コーナーを彩る一輪挿しに季節の花を使用したりします。
花屋がつくるお葬式だからこそ、花を最大限に生かしてお葬式を彩ります。
 
季節に関係する花を葬儀に取り入れると、その花が葬儀の思い出の花となるのです。
一年たつと、葬儀で使った花がお店に出回り、花壇でもそのお花を見かけます。花が、故人さまやお葬式のこと、そしてご家族のことを思い出し、想うきっかけになります。想うこと、思い出すことは何よりもの供養になります。
 
この記事では、季節ごとの旬のお花と、季節の花の取り入れ方をご紹介します。

旬のお花が盛りだくさんの花祭壇「セゾン」

 日比谷花壇のお葬式の花祭壇は、すべて当社のデザイナーがデザインしたオリジナルの花祭壇です。

その中の一つ「セゾン」は旬のお花で作り上げた花祭壇です。
季節感たっぷりの花祭壇
 
 
たくさんの種類のお花が使われているのが印象的な花祭壇です。その季節に旬を迎えるお花をたっぷり使用します。季節によって使用する花が変わるので、同じような花祭壇は二つとありません。
 
ガーデニングが趣味だった故人さまや、植物やお花が共通の趣味だったご家族、季節の移ろいを花とともに過ごしてきたみなさまにおすすめの花祭壇です。

季節ごとの旬のお花

 お葬式の中でも取り入れられる、旬のお花を紹介します。

旬や出回りにはある程度のブレがあります。また、出回り方によってはご要望にお答えできない場合もあります。あらかじめご了承ください。
 
春(1~4月ごろ)
「春のお花」といわれる花は、早いと12月ごろから市場で出回り始めます。
いい香りのするお花や、ふわふわとした印象のお花が多い季節です。
 
■ラナンキュラス
初春を代表するかわいらしいお花です。ふわふわとした花弁が印象的で、存在感があります。
花言葉は「とても魅力的」など。故人さまに思いを伝えるのにも最適なお花です。
※花言葉には諸説あります。あまり気にしすぎる必要はありませんが、伝えたい思いを花言葉にもつお花でお別れをしたい、という方は参考になさってください。
 
■スイートピー
2~3月に旬を迎えることと、花言葉に「門出」があることから、卒業式などでおなじみのお花です。
可憐な花姿と、春の訪れを感じさせる甘い香りがとても印象的。たくさんのスイートピーがカゴに入っている姿はとてもふわふわでかわいらしく、悲しみも少し癒されます。
 
夏(5~7月ごろ)
お花は暑さに弱いものが多く、暑さがピークを迎える8月に向けて種類は少しずつ減っていきます。
初夏におすすめの花と真夏でも元気なお花をご紹介。
 
■カンパニュラ
ラテン語で「小さい鐘」を意味する言葉が由来の花。形はまさに小さな鐘のよう。初夏にかけて店頭でも入手しやすいかわいらしいお花です。
 
■ヒマワリ
夏といえば、と思い出す方も多いお花。早いと5月後半くらいから店頭でも手に入ります。花屋にとっても、夏の訪れを教えてくれる花です。比較的暑さにも強く、元気な黄色と「パッ」と開いた花姿から元気がもらえます。
 
秋(8~10月ごろ)
だんだんと花の種類が少なくなってくる時期ですが、色が濃くて形がはっきりしたお花が多い季節です。
夏のお花もすこし出回り、まだバリエーションの多い時期といえます。
 
■リンドウ
オリンピック東京2020大会の「ビクトリーブーケ」にも使用されていた、秋を代表するお花です。もっともなじみ深いのは濃い紫のものかと思いますが、白や複数の色のものなど実は様々な色や種類のあるお花です。花言葉には「勝利・正義・誠実」などがあります。
 
■シュウメイギク
キクとつきますが実はラナンキュラスと同じキンポウゲ科のお花。茎が細く、その姿は可憐そのもので、アレンジメントなどで映えるお花です。季節になると道でも見かけることがあります。
 
冬(11~12月ごろ)
冬はもっともお花の少ない時期です。秋のお花のうち寒さに強いものや、春のお花で出回りの早いものが手に入るような時期です。
 
■ダリア
秋が最も旬のダリアは、花姿が大きく存在感があります。「セゾン」の花祭壇にはメインの花材としてオレンジ色のダリアが使用されています。また、自宅葬専用花祭壇にもダリアがメインに使用されています。
自宅葬専用花祭壇-まなざし-|花祭壇|日比谷花壇のお葬式>>
花言葉は「華麗」「優美」「気品」などがあります。
 
■スイセン
和風のお花の印象もあるかもしれませんが、洋風な花祭壇やアレンジにも映えるお花です。色や咲き方も多種多様で、お花による表現を豊かにしてくれます。

季節のお花を使った装飾

 日比谷花壇のお葬式では、花祭壇だけでなく葬儀場の様々な場所を花で飾ります。
出棺前に棺に納めるお別れ花や、献花にも季節のお花を取り入れることができます。

献花は、よく使われるカーネーションだけでなく、キク・バラ・デンファレを通年でご用意しております。
 
ほかにも、受付のお手元や料理のテーブルを彩る「ボックスアレンジ」や棺の上を彩るアレンジメントなど、さまざまなお花のアイテムをご用意しております。それらにも、季節のお花やお好みのお花を使うことができます。
様々な装花アイテム
 
季節のお花を取り入れることにより季節を感じられ、ご家族にとって大切なお花になります。

日比谷花壇のお葬式でお花にこだわったお葬式を

 日比谷花壇のお葬式は、花屋として長い間培ってきた技術力・提案力で故人さまやご家族らしいお葬式を実現します。

急なお葬式のご依頼でも、大好きなお花を最大限生かせるご提案をいたします。
 
また、無料の事前相談も承っております。事前相談では、葬儀の流れのご説明、会場の選定、お見積りはもちろん、オーダーメイドの花祭壇もお作りいたします。デザイナーがデザインイラストを描き起こし、お客様のイメージに近い花祭壇を一緒に作り上げることができます。
 
事前相談のご予約はお電話かお問い合わせフォームよりご連絡ください。
 

「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をプレゼント

日比谷花壇のお葬式では、資料をご請求いただいた方全員に、商品がすべて掲載された総合カタログと、
葬儀の不安を解消する「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をお届けします。
(「日比谷花壇のお葬式がわかる本」は首都圏限定)
創業150年を迎えた日比谷花壇が手がけるお葬式について知っていただくだけでなく、
喪主をはじめて務める方にも役立つ情報が満載です。

いざというときのための準備にお役立てください。
(営業のお電話などはいたしませんので、ご安心ください)

終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! 終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! WEBで1分!カンタン申し込み今すぐ無料で資料をもらう

さいごに

葬儀に関してお困りのことがあれば、日比谷花壇のお葬式までお問い合わせください。
24時間365日お問い合わせやご相談を無料で受け付けております。

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ