喪主が葬儀で選ぶ花 - 花祭壇・献花など






葬儀と花~様々な花装飾とその名前~

 お葬式の場面では、さまざまなお花に遭遇します。いろいろなお花を目にすることがありますが、どれも似たような名前で、どのタイミングでどんな意味を込めてかざっているものかは意外と知らないものです。まずは以下がお葬式で使われる装飾やおくりものの名前です。

 
■逝去~通夜(告別式)
 枕花
■通夜・告別式
 花祭壇・装飾・お別れ花
 供花
 献花
 花輪(花環)
■火葬後~四十九日
 後飾り花
 お悔やみの花
 
このページでは「喪主が葬儀で選ぶ花」について、名前や役割を紹介します。

喪主が葬儀で選ぶ花-花祭壇

花祭壇は名前の通り、ご遺影やお棺のまわりをかざる祭壇がお花でできているもので、主に生花(本物の花)が用いられています。

葬儀で選ぶ花、花祭壇
故人やご家族がお好きだった花や色をつかった祭壇をお選びいただきます。
自分たちで故人のことを思って選んだ祭壇とともにすごす最後の時は特別なものです。
 
また、たくさんのお花でいっぱいになった会場は、とてもいい香りに包まれます。
お花の力はわたしたちを前向きにさせてくれるようです。
 
日比谷花壇のお葬式が展開してる花祭壇についてはこちらをご覧ください

喪主が葬儀で選ぶ花-装花アイテム

日比谷花壇のお葬式では、メインの花祭壇のほかにいろいろな装飾アイテムを生花でご用意しております。
いろいろな生花アイテム
 会場のいろいろなところを生花で飾ることができます。
商品の種類や価格についてはお問い合わせください。
 
またこちらの記事では、葬儀全体を生花で装飾することについて詳しく書いています。

喪主が葬儀で選ぶ花-お別れ花・献花

お別れ花
宗教的儀式や告別式をともなわず、火葬炉前だけでお別れをするお葬式スタイルが直葬です。直葬では、最後のお別れの時間にお盆いっぱいのお花を棺に入れていただきます。
花盆これらも色や数をお選びいただけます。
大々的な式はしないけれど、お花で送りたいという方に選ばれている商品です。

献花
献花は、主に無宗教やキリスト教のお葬式で、故人様に向けて手向けるお花のことです。
仏教式の葬儀では焼香、神式の葬儀では玉串奉奠に近いといえます。
よく使用されるのは「感謝」の花言葉をもつカーネーションです。しかし、使うお花に決まりはなく、故人が好きだったお花や色を選ばれる方も多いです。

葬儀とお花は切っても切れない関係!

葬儀にまつわるお花についてみてきました。

葬儀とお花は、昔から深くかかわりあってきたのです。
まだまだ葬儀の慣習や慣例は尊ばれています。なにかわからないことがあったら葬儀の担当者や葬儀社に問い合わせるのが良いです。
故人様のことを考えてお花を送るのが何よりもの供養なのです。
 

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




関連記事

  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ