キッズ、男の子の喪服マナー、身だしなみの基本。






男の子の喪服は何が適切?ネクタイや靴(スニーカー)は?

葬儀やお通夜に参列するとなった際、男の子の喪服として何を着せると良いのか迷う人は多いかもしれません。なかなか子供用の喪服というものを見かけることも少ないですが、それでも故人を悼み偲ぶ儀式に普段着で出席するのはマナー違反です。喪服を持っていない場合でも、最低限の身だしなみマナーを守らなければいけません。ちなみに、喪服代わりに着ていく服を選ぶ時は、控え目な色とシンプルなデザインが鉄則です。オーソドックスなジャケットかブレザーで、理想的な色は黒ですが、無ければ濃いグレーや濃紺でも大丈夫です。

喪服に代わるシンプルな服装となると、身近なものに制服があります。中学生や高校生は制服がある学校がほとんどですが、学生制服は正式な礼服して使われていることが多く、葬儀で着用しても失礼にはなりません。小学生や幼児も、制服があるなら喪服として着用できます。ただし、幼稚園や保育園の制服は、ポイントとして鮮やかな色のネクタイや蝶ネクタイがついていることもあります。インパクトを感じさせるものは葬儀の場にはふさわしくないので、あらかじめ外しておきましょう。

また、足元はフォーマルな靴に黒か白の靴下を合わせるのが最適ですが、ローファーなどは小さな子は持っていない可能性が高いです。もし、フォーマルな靴がないなら、普段履いているスニーカーでも問題ありません。色は黒か紺、グレー、白あたりが望ましいですが、基本的に無地のスニーカーであれば問題ありません。ただ、赤など派手な色合いのもの、音が鳴るようなスニーカーはNGとなっており注意が必要です。

夏の喪服と冬の喪服のポイント

日本は寒暖差が激しいため、喪服も季節によって暑さ対策や寒さ対策が必要になります。まず夏の喪服で気になるのが、半袖を着用して良いかという点です。一般的に葬儀や通夜では肌の露出を控えるべきとされており、大人の男性では半袖は不可、女性も肘が隠れなければNGとなっています。つまり、夏でもジャケット着用がマナーとなっているのですが、子供に大人と同じマナーを強要するのは酷です。暑いと嫌がるだけではなく、場合によっては熱中症を引き起こす危険もあります。

体の負担になるようであれば、無理に肌を隠そうとする必要はなく、半袖のブラウスだけでも大丈夫です。また、普段Tシャツに慣れている子は、パリッとしたシャツは着心地が良くないと嫌がる可能性もあり、その場合は白いポロシャツでも問題ありません。また、ズボンに関しても、長ズボンを着用しなければならないという訳ではなく、半ズボンでもマナー違反とはなりません。ただし、サンダルやくるぶし丈の靴下はNGであり、どれだけ暑い季節でも足元はローファーか華美ではないスニーカーにソックス着用が必須です。

一方、真冬はシャツとジャケットだけでは寒く感じられるので、コートを着て会場へ向かうことになります。コートは会場の外で脱ぐので、特にデザインや色が規制されていることはありません。フードつきのものやダウンジャケットでも差し支えありません。ただ、会場では着用しないにしても、出来る限り目立たない方が良しとされているため、もし手持ちのコートが複数あれば、よりシンプルなデザイン、黒やネイビーなど暗めの色のコートを選んでおいた方が安心です。

制服がない場合の代用は?どこで準備する?

制服を持っている子供なら、喪服代わりに使えますが、全ての子供が制服を持っている訳ではありません。もし、制服が無ければ制服と同じような服装でも代用できます。特に夏は上着の着用を強要されないので、上は白いシャツかポロシャツ、下は黒か紺色の半ズボンで揃えると、周りにも違和感を感じさせません。また、葬儀や通夜参列のためだけに喪服を購入するのは勿体ないと感じるのであれば、喪服以外にも使えるフォーマルウェアを一着持っていると便利です。入園・入学式、卒園・卒業式、結婚式、ピアノの発表会、お受験など、サイズアウトしない限り色々な場面で着用できます。サテンなど光る生地、デニム地といったカジュアル過ぎるものを避ければ、喪服として代用可能です。

もちろんフォーマルウェアも着る機会がなく、葬儀参列のため1回しか着用しなかったというパターンもあり得ます。少しでも無駄を減らしたい、でも誰から見られても失礼のないスタイルで参列させたいと考えるなら、喪服のレンタルを利用するという方法もあります。レンタルであれば、当然購入するより格安で揃えられます。その時の子供の体の大きさに合ったサイズが選べ、また靴やコートも一緒に借りる事ができます。即日発送が可能なお店もあるため、突然のことで準備する時間がないといった場合にも便利です。

きちんと感のある服装なら喪服でなくても大丈夫

成長が早く、どんどんサイズアウトしていく子供に喪服を購入するのは勿体ないものです。葬儀やお通夜は必ずしも喪服で出なければいけないという訳ではなく、制服かシンプルなシャツにジャケット、黒いズボンでもきちんと感を出せます。もし、お葬式以外に入学式や結婚式で着用する予定があるならフォーマルウェアを購入しても良し、きちんとした喪服を格安で準備したい場合は、レンタル喪服を使っても良いかもしれません。

「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をプレゼント

日比谷花壇のお葬式では、資料をご請求いただいた方全員に、商品がすべて掲載された総合カタログと、
葬儀の不安を解消する「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をお届けします。
(「日比谷花壇のお葬式がわかる本」は首都圏限定)
創業150年を迎えた日比谷花壇が手がけるお葬式について知っていただくだけでなく、
喪主をはじめて務める方にも役立つ情報が満載です。

いざというときのための準備にお役立てください。
(営業のお電話などはいたしませんので、ご安心ください)

終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! 終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! WEBで1分!カンタン申し込み今すぐ無料で資料をもらう

さいごに

葬儀に関してお困りのことがあれば、日比谷花壇のお葬式までお問い合わせください。
24時間365日お問い合わせやご相談を無料で受け付けております。

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ