家族葬で参列できない場合の香典の包み方






香典の相場について

家族葬が初めての場合には香典の相場がどのくらいなのかが気になるでしょう。家族葬では一般葬と相場が違うのかが気になるかもしれません。参列する場合としない場合での相場について確認しておきましょう。

家族葬に参列する場合

家族葬に参列する場合には一般葬と同じくらいの金額を香典に包むのが一般的です。親は5万円~10万円、兄弟や姉妹は3万円~5万円、祖父母は1万円~5万円、それ以外の親族は1万円~3万円が相場になっています。友人や仕事の関係の人の場合は5千円が相場ですが、連名で香典を包む場合には1人あたり3千円~5千円が適切と言われています。

家族葬に参列しない場合

家族葬に参列しない場合にも香典の相場は基本的に同じです。ただ、一般葬ではなく家族葬を選ぶケースとして費用を抑えたいという場合があります。この際には葬儀費用が大きな負担になるほど生活に苦労していることもあるでしょう。その様子次第では少し多めに包むこともあります。親族が家族葬を選んで理由を察して金額を検討するのが大切です。

家族葬の場合の香典はどうしたら良い?

家族葬には香典を包むべきなのかどうかが疑問になる人もいるでしょう。家族葬の場合には香典を辞退するケースもあるからです。香典辞退の連絡がなかった場合と、事前に連絡があった場合に分けてどのように対応したら良いかを理解しておきましょう。

香典辞退の連絡があった場合

家族葬で香典辞退の連絡が事前にあった場合には、参列するかどうかにかかわらず香典を包まないのがマナーです。この場合には弔意を示すのによく選ばれるのが供花を贈る方法です。仏式や神式では白いキクやラン、ユリがよく選ばれますが、キリスト教式の場合にはカーネーションかユリが一般的になっています。金額は香典と同じくらいで考えれば良いでしょう。他にも供物を用意する方法もあります。供花も供物も家族葬の場所によっては置く場所がなくて迷惑になることもあるため、予め連絡してから手配をするのが大切です。贈る際にはお返しは不要ということを伝えておくと良いでしょう。

香典辞退がない場合

香典辞退の連絡がなかった場合には、当日は香典を包んで持参しましょう。香典袋には住所と氏名に加えて、金額を漢数字で書いて包むのが基本マナーです。使用済みのお札を使用し、中袋を裏向きにしてお札を出したら表が見えるように入れます。受付のところで手渡しをするだけなので、家族葬でも一般葬の場合と違いはありません。ただ、現場に到着してから親族に香典を辞退されることがあります。この場合には渡さないのがマナーなので、香典袋を見せずに持ち帰るようにしましょう。

葬儀に参列できない場合、香典はどうすれば?

家族葬に参列できない場合には香典を送るべきなのか、送るとしたらどうやって送ったら良いのかが疑問になるでしょう。参列できない場合には自分がどうしたいかが最も重要になります。以下のような対応の仕方があるので、どれが最も良いかを考えてみましょう。

親族に香典を送りたい意志を伝えて確認する

家族葬に参列できない場合に香典を送りたいのなら事前に親族に連絡をしましょう。参列できないけれど香典を送りたいけれど受け取ってもらえるかという聞き方をするのではなく、いつ送って良いかと聞くのがマナーです。葬儀の当日は特に忙しくて受け取るのが難しい場合があります。前日や翌日も慌ただしいことが多いでしょう。現金書留で送るのが一般的ですが、近隣に住んでいる場合には香典を持参して手渡ししても構いません。どちらの場合にも、もしご迷惑でないならお渡ししたいという形で意志を伝え、親族の都合に合わせて渡すのがマナーです。もし断られたらその通りにして、お花を贈るなどの他の方法を提案してみましょう。

弔電を打つだけにする

家族葬に参列できないときには香典を渡さないという選択肢もあります。香典を送られると親族は香典返しをしなければならず、香典返しは不要と伝えたとしてもマナーとして気を遣わなければならないでしょう。まずは香典を送りたいと伝えた方が気持ちは良いかもしれませんが、気遣いをし過ぎるような親族なら送ろうとしない方がかえって良いこともあります。また、参列できないときにも香典辞退の連絡が届くときもあるでしょう。この際には供花や供物を贈ることもできますが、気持ちをはっきりと伝えるために弔電を打つのも良い方法です。弔電は家族葬でも葬儀のときに読み上げられ、故人や親族だけでなく参列した人たちにも気持ちが伝わります。多数の弔電が届くと名前の紹介だけで終わることもありますが、気持ちはしっかりと伝わる方法です。

家族葬の香典は状況に応じて対応しよう

家族葬には参列できないときもあります。親族の希望を十分に理解して、臨機応変に対応するのがマナーです。香典辞退の連絡があった場合にはその通りにして供花や供物を贈りましょう。辞退の連絡がない場合には一般葬と同じくらいの金額を包んで香典を渡すのが適切です。参列できない場合には弔電を送る選択肢もあるので、自分の気持ちを伝えるのに最も良い方法を選びましょう。

「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をプレゼント

日比谷花壇のお葬式では、資料をご請求いただいた方全員に、商品がすべて掲載された総合カタログと、
葬儀の不安を解消する「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をお届けします。
(「日比谷花壇のお葬式がわかる本」は首都圏限定)
創業150年を迎えた日比谷花壇が手がけるお葬式について知っていただくだけでなく、
喪主をはじめて務める方にも役立つ情報が満載です。

いざというときのための準備にお役立てください。
(営業のお電話などはいたしませんので、ご安心ください)

終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! 終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! WEBで1分!カンタン申し込み今すぐ無料で資料をもらう

さいごに

葬儀に関してお困りのことがあれば、日比谷花壇のお葬式までお問い合わせください。
24時間365日お問い合わせやご相談を無料で受け付けております。

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ