枕花とは何か?






枕花とは何か?ふさわしい花選びと相場について

枕花とは、故人を偲ぶために葬儀が終わるまで枕元に飾られるお花のことを指します。一般的にはお通夜の前までに飾られる決まりとなっています。葬儀で飾られる花というと、供花(祭壇の周りに供物などとともに飾られる花)を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。枕花と供花はどちらも同じく故人を偲ぶ思いから飾るものではありますが、供花は遺族の許可があれば誰でも送ることができるのに対し、枕花は故人の血縁者、もしくは非常に親密な間柄だった方のみ送ることができます。そのため、枕花は故人に対する強い哀悼の意が込められていると言えるのです。

 

枕花の選び方は?

枕花は葬儀において重要となる花ではあるものの、これといって規定などは存在しません。花言葉などを意識しつつ、故人を偲ぶ思いで送れば大丈夫です。ただ、あまり枕花として送らない・飾らない方がよいとされている花も存在します。例に挙げられるのが、色が赤くトゲもついているバラです。枕花は基本的に白色を基調とし、差し色としてブルーやパープルなど落ち着いた濃い色が使われます。基本的に黒・白に寄った色合いの花だけを飾ることがほとんどなので、赤色など派手な系統の色は送らない方が良いでしょう。また、バラはトゲがついていることから、柔らかな見た目の花が多い枕花にはとりわけ向いていない花だと言えます。逆にユリやアンスリウムなど柔らかな色合いのものは枕花としてふさわしい花だとされています。

 

値段の相場は?

枕花は一般的に5,000~20,000円が相場とされています。当然のことながら枕花に使われる花の種類はいくつか存在し、それぞれ価値も異なります。高い花を送ろうとすればそれだけ値段も高くなり、逆に流通している花を使用すれば値段も数千円程度に抑えられるのです。高ければ良いというものでもないので、故人にふさわしいと思える値段の花を選んでいくのが良いでしょう。

 

どこで買うのが良い?

枕花は一輪の花ではなく、盛花などのアレンジメントフラワーを送るのが基本です。花束がダメというわけではないものの、葬儀によっては断られてしまう可能性もあるため、枕花を購入する場合はアレンジメントフラワーを取り扱うショップで買うべきでしょう。しっかりとしたアレンジメントフラワーを販売しているなら、店舗や通販などどのような媒体から購入しても構いません。

枕花の飾り方について

枕花の飾り方については、前述の通り故人の枕元に飾っていくのが一般的です。祭壇周りに飾ってしまうと供花と混同してしまうため、必ず枕元や故人のすぐそばに飾るようにしなければなりません。

 

いつまでに飾れば良い?

枕花は葬儀が終わるまで飾られるため、できるならお通夜が始まる前にすべての枕花を飾り終えておくべきでしょう。葬儀の内容にもよりますが、お通夜の前日ごろに飾っておくのが無難です。ただ、「枕花をすぐに送るのは失礼にあたる」という配慮のもと、少し間を空けてから枕花を送る方も少なくありません。より親密な人物から遅めに枕花が届く可能性もあるため、葬儀の数日前など早すぎるタイミングで枕花を飾るのは避けた方がよいです。

枕花の処分方法について

枕花は故人に対する思いが込められた大切なお花です。そのため、処分方法について困る方も珍しくありません。枕花の処分と言っても、葬儀が終わった後に何も考えずごみとして処理するのは控えるべきです。ではどのように処分すればいいのか、ここからは枕花の正しい処分方法を2つご紹介していきます。

 

別れ花として火葬

枕花は基本的に枕元に飾られますが、実は棺の中に入れる場合と、入れない場合があります。納棺の際に枕花を中に入れるのは「別れ花」と呼ばれ、故人とともに火葬されます。後始末をする必要もないため、枕花の数が多くないようであれば、別れ花として処分しても良いでしょう。別れ花ではなく、外にある枕花の場合は供花と同じように処分しても問題ありません。

 

後飾りに使う

枕花は別れ花に使う他、後飾りの祭壇に飾られる花としても使用されます。後飾りというのは故人の遺骨を祭るために自宅に設置する祭壇のことで、忌明けの日もしくは埋葬される日まで遺骨を安置する場所です。棺の外に合ったものや、別れ花にできなかった枕花は、葬儀が終わったのち、後飾り用の花として利用するのが良いでしょう。

 

ごみとして処分するのは?

基本的には別れ花として火葬したり、後飾り用に使っていくのが正しい処分方法ですが、後飾りの祭壇はいつまでも置いておく必要はありません。後飾りの祭壇は四十九日法要と納骨・埋葬が終われば役目も終わるため、自治体の指示に従ってごみに出しても良いことになっています。つまり、後飾りに使用していた枕花も同じくごみとして処分できるようになるのです。そのまま部屋に飾るなど再利用するのも良いですし、不要であればそのままごみとして捨てるのも問題ありません。

枕花は哀悼の意を示す重要な存在

枕花は故人の血縁者や親しい関係者など、故人にとって関係性の深い人々から送られる花です。そのため、葬儀において故人への哀悼の意を示す非常に重要な存在だと言えます。だからこそ、選び方や飾り方、処分方法にもさまざまなマナーが存在するのです。枕花を送る、もしくは送られた際は、故人を厳かに追悼するためにも、ここでの内容を参考にしながら正しく枕花を取り扱うようにしましょう。

「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をプレゼント

日比谷花壇のお葬式では、資料をご請求いただいた方全員に、商品がすべて掲載された総合カタログと、
葬儀の不安を解消する「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をお届けします。
(「日比谷花壇のお葬式がわかる本」は首都圏限定)
創業150年を迎えた日比谷花壇が手がけるお葬式について知っていただくだけでなく、
喪主をはじめて務める方にも役立つ情報が満載です。

いざというときのための準備にお役立てください。
(営業のお電話などはいたしませんので、ご安心ください)

終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! 終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! WEBで1分!カンタン申し込み今すぐ無料で資料をもらう

さいごに

葬儀に関してお困りのことがあれば、日比谷花壇のお葬式までお問い合わせください。
24時間365日お問い合わせやご相談を無料で受け付けております。

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ