安置室へ面会に行く際のマナー






遺体安置中の面会は可能?

 遺体安置中に故人と会うために安置室へ面会に行きたいという人は多いと思いますが、実際のところ、遺体安置中の面会は可能なのでしょうか。結論から言うと、遺体安置中の面会が許されるのは、故人の親族及び故人の生前に故人と深い関係にあった方のみです。面会を行うのに、こうした条件が決められているのは、安置室が葬式や通夜まで遺体を置いておく重要な場所であるからです。また、面会可能な時間や人数も施設によって異なるため、事前に確認をしておきましょう。このように、基本的には面会は可能ですが、例外として、制限時間付きの面会である場合や、料金が発生する場合もあるということ、そして面会が不可能な施設もあるということは頭に入れておきましょう。

面会に行く際のマナーは?

 次は、安置室へ面会に行く際に注意しておくべきことについて説明します。あなたが故人の遺族ではなく友人であるなら、面会を行う上で最も重要なのは事前確認をすることです。故人の生前に故人と深い仲だったという方であっても、ご遺族の許可なく安置室へ面会へ行くことはせず、事前にご遺族の方に付き添いで面会をしたいという意思を伝えた上で許可を得ておきましょう。

また服装についても、私服ではなく、面会に適した服装で安置室へ向かいましょう。具体的には、暗い色の服や目立ちにくい色の服を着ていきましょう。男性であれば、黒のスーツ、女性であれば目立ちにくい色のスーツに加えて、化粧は薄くしましょう。尚、結婚指輪などに関しては着用したままでもよいですが、装飾品は出来るだけはずしておきましょう。指定される服装は、遺体が安置されている施設によって異なる場合もあるため、事前に確認をいれておくとより良いでしょう。

そして、故人と面会を行うことが決まり、面会を行う際には、まずご遺族にお悔やみの言葉を伝えましょう。また、お供え物についても、このときにご遺族の方に渡しておきましょう。実際に安置室へ入ったら、初めに故人の枕元に座り一礼をします。次に、遺族の方が故人の顔にかかった顔伏せの白い布を外したら、故人に合掌し一礼をします。この際、顔伏せの白い布は遺族の方が外すものなので、自ら外すことのないように注意しましょう。最後に遺族の方へ一礼をし、面会は終了です。面会に制限時間が設けられている場合でも、基本的なマナーについては同様ですが、遺族の方の面会の時間を奪うことはないように注意しましょう。また、当然のマナーですが、故人の死因などについて、ご遺族に詳細な説明を求めることも負担がかかってしまうため、控えましょう。

遺体安置中の面会の際、葬式や通夜に参加することが決まっているのであれば、香典は持参してはいけません。これは、面会時に香典を持参することで、死を予想していたかのように思われてしまうためです。何か持参したい場合は、お供え物の花や、故人が生前に気に入っていた物を持っていきましょう。しかし、香典を持参することが必ずしも不可であるとは限りません。例えば、葬儀や通夜へ都合があり、行くことが出来ない場合などには渡すことが可能です。しかし、この場合にも、事前にご遺族の方に確認するようにしましょう。最後に、繰り返しになりますが、故人との面会だけを行い、ご遺族へのお悔やみの言葉を伝えないことは絶対にないようにしましょう。

遺体安置場所ごとの費用や料金、注意点について

次に、遺体の安置場所と費用や料金の関係と注意点について説明します。自宅を安置場所とする場合、葬儀社に依頼する場合、民間業者に依頼をする場合の3つに分け、それぞれにかかる料金についても説明します。

1.自宅を遺体安置場所とする場合

自宅を安置場所とする場合、業者に依頼する場合とは異なり、施設の料金がかかることはありませんが、ドライアイスを用意する必要があります。なお、ドライアイスは一日につき、1万円から2万円ほどです。また、枕飾りも用意する必要があります。こちらも、1万円から3万円ほどかかるため、合わせて、合計で2万円から5万円ほどの料金がかかります。そして、自宅へ遺体を搬送する際にも2万円弱ほどの料金がかかります。自宅での遺体安置の一番のメリットは、落ち着いた時間を過ごせることです。面会をする時間にも制限がないため、自由度も高めです。

2.葬儀社に依頼し、葬儀社を遺体安置場所とする場合

葬儀社で遺体の安置を行う場合にかかる料金は、一日につき5千円から3万円ほどです。また、こちらでもドライアイスの料金として、1万円から2万円ほどの料金がかかります。葬儀社を安置場所とすることのメリットとしては、自宅に遺体を安置できる場所がなくとも遺体の安置が行えることです。遺体の管理についても任せられるため、手間のかかることもありません。

3.民間業者に依頼し、遺体を安置してもらう場合

民間業者であれば、かかる料金は約1万円のみですが、自宅から遠い場合などは料金が上がる可能性もあるため、注意が必要です。また、民間業者に依頼することのメリットとしては、自宅での安置と同様に落ち着いた時間を過ごしやすいことです。

最後に

この記事では、遺体安置中の面会は可能かどうかについて、面会に行く際のマナーについて、遺体安置場所ごとの費用や料金、注意点についての3つを説明しました。遺体安置中の面会は可能ではありますが、面会に行く際には、マナーに気を付けた上で、服装や持ち物に注意し、事前に確認を行うことを忘れないようにしましょう。また、遺体の安置についても、場所によって料金が変動するため、注意して決めるようにしましょう。

「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をプレゼント

日比谷花壇のお葬式では、資料をご請求いただいた方全員に、商品がすべて掲載された総合カタログと、
葬儀の不安を解消する「日比谷花壇のお葬式がわかる本」をお届けします。
(「日比谷花壇のお葬式がわかる本」は首都圏限定)
創業150年を迎えた日比谷花壇が手がけるお葬式について知っていただくだけでなく、
喪主をはじめて務める方にも役立つ情報が満載です。

いざというときのための準備にお役立てください。
(営業のお電話などはいたしませんので、ご安心ください)

終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! 終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! WEBで1分!カンタン申し込み今すぐ無料で資料をもらう

さいごに

葬儀に関してお困りのことがあれば、日比谷花壇のお葬式までお問い合わせください。
24時間365日お問い合わせやご相談を無料で受け付けております。

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ