キリスト教式葬儀のマナー






カトリックとプロテスタントの流れ

 カトリックでは故人の死は神に委ねられて、死者の復活と共にキリストの再臨が願われます。故人が所属していた教会で葬儀と告別式を行うことが多くなっています。一方のプロテスタントは故人が神の元で安らかに眠るという考え方で、葬儀は神への感謝を伝え遺族を慰めるために行われます。葬儀と告別式を別々に行わないのが特徴です。

カトリックとプロテスタントでは聖歌や賛美歌の斉唱を行いますが、聴いているだけでも良いものとなります。しかし、事前に歌や祈りの言葉が書かれた紙が配られるため参加するのが一般的です。どうしても分からない時は聴いているだけでも、咎められることはありません。

キリスト教では故人の死を不幸なものと考えない思想があります。永遠の命の始まりと考えられるため、遺族に対してお悔やみの言葉を述べる時は「安らかな眠りをお祈りいたします」など、祈りの言葉が適切です。「ご連絡いただきありがとうございます」というような挨拶も失礼にあたりません。また、神父と牧師・聖歌と賛美歌などカトリックとプロテスタントでは言い方が異なる言葉もあるため注意しましょう。

参列時の基本的なマナー

 参列時の服装については仏式と同じように、男女共に黒色を基調としたフォーマルなもので構いません。男性はダークスーツ、女性は黒色のスーツやワンピースなどを用意しましょう。小物やアクセサリーは派手なものを控えることも重要です。

仮に葬儀社が葬儀全般を取り仕切るにしても、牧師はキーマンとなります。そして「牧師」を絶対に「神父」と混同しないこと。プロテスタントの場合、聖職者は「牧師」であり、カトリックの「神父」と混同すると大変失礼です。またプロテスタントに限らずキリスト教の場合、仏式の葬儀の場合のように友引を特に気にすることもありません。

通夜や告別式の会場は、故人の所属教会で行われるのが普通です。しかし最近は、仏式の葬儀の場合と同様に、式場が教会ではなく一般的なセレモニーホールで行われる場合もあります。そのため通夜から告別式に至る一連の儀式は、主なる神を讃えると共に故人の思い出をしのび、遺族を慰めるという意味を込めて行われます。

正しい知識が必要な御花料と献花のマナー

 仏式で用いられている香典がキリスト教では御花料と呼ばれ、自身の立場に合った金額を包みます。金額は故人との関係性が密接であるほど高く、自身の年齢によっても変動します。シンプルな白無地の封筒、または十字架が描かれた熨斗袋を使用するのが適切です。熨斗袋は百合の花が描かれているものでも構いません。

献花はカトリックとプロテスタントの両方で行われます。まず、遺族に一礼して花を受け取ります。この時、花の部分が右側に来るようにしましょう。

右の手のひらが上向き、左は右とは逆で手のひらが下向きとなります。花を持ったまま献花台の前まで歩き、祭壇に一礼します。献花台に花を置く時は花を右に回して、祭壇に花の根元が向くようにするのが一般的なマナーです。

左手は花の下に添えるようにして、花を支えます。花を置いた後に手を合わせて黙祷、または深く一礼します。黙祷の前にカトリック信者は十字を切り、プロテスタント信者は胸の前で手を組むというマナーがあります。信者でなければ手を合わせるだけで問題ありません。その後数歩後ろに下がって遺族に一礼してから席に戻るという流れです。

日比谷花壇のお葬式は日比谷花壇が運営する葬儀のトータルサービスです

葬儀のマナーや流れについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
キリスト教式葬儀とは?|日比谷花壇のお葬式>>

日比谷花壇のお葬式は、創業150年を超える花屋の日比谷花壇が、
長い歴史の中で培われた技術とホスピタリティをいかしてお手伝いする葬儀サービスです。
通常の葬儀社と同じように、病院等へのお迎えから、当日の施工、アフターサービスまで日比谷花壇が一貫してお手伝い。
くわしくはこちらをご覧ください。
日比谷花壇のお葬式とは|日比谷花壇のお葬式>>
資料をご請求いただいた方には、以下の資料を葬儀とわからない封筒でお送りいたします。

・すべての商品の価格が掲載されている総合カタログ
・葬儀が最初から最後までよくわかる日比谷花壇のお葬式がわかる本
オリジナルクリアファイル
※いただいた情報をもとに営業のお電話などはいたしません。

終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! 終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! WEBで1分!カンタン申し込み今すぐ無料で資料をもらう

会員制度:オハナクラブ もございます。

日比谷花壇のお葬式の会員制度「オハナクラブ」は、入会費・年会費無料のサービスです。
葬儀のマナーやお花の知識、葬儀の準備や終活に役立つ情報をお届けしています。
詳しくはこちらをご覧ください。
オハナクラブについて|日比谷花壇のお葬式>>

オハナクラブ>>
(どなたでもご覧いただける情報サイトです)

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ