キリスト教のお葬式についてもっと詳しく知る
キリスト教式葬儀のマナー

仏式・キリスト教式・神道式など宗教によって、葬儀の流れやマナーは異なります。どのようなスタイルでも正しい対応ができるように、それぞれのマナーを知ることは非常に重要です。キリスト教式にはカトリックとプロテスタントがあり、考え方や流れが異なるため注意しましょう。今回はキリスト教式に着目して、正しいマナーを説明します。

カトリックとプロテスタントの流れ

カトリックでは故人の死は神に委ねられて、死者の復活と共にキリストの再臨が願われます。
故人が所属していた教会で葬儀と告別式を行うことが多くなっています。
一方のプロテスタントは故人が神の元で安らかに眠るという考え方で、葬儀は神への感謝を伝え遺族を慰めるために行われます。葬儀と告別式を別々に行わないのが特徴です。

カトリックの葬儀は入堂聖歌から始まり、神父が入場します。
その後開式の辞を行い、葬儀のミサである言葉の典礼と感謝の典礼となります。
言葉の典礼は神父の聖書朗読、感謝の典礼は遺族が祭壇にパンと葡萄酒を捧げる儀式です。
捧げたパンは神父から信徒が受け取り、永遠の命を祈ります。
告別式では入堂聖歌・聖歌斉唱の後に弔辞と弔電を紹介します。
喪主から順番に献花を行い、遺族の挨拶で告別式は終了です。

プロテスタントは入場から始まり、牧師の聖書朗読で参列者は黙祷し祈りを捧げます。
牧師による故人の紹介、弔辞と弔電の紹介の後に再び黙祷します。
賛美歌を斉唱したら献花を行い、遺族の挨拶で終了となります。

葬儀の前にカトリックは通夜の祈り、プロテスタントは前夜式を行います。
これは仏式で言う通夜と同じような儀式です。

参列時の基本的なマナー

参列時の服装については仏式と同じように、男女共に黒色を基調としたフォーマルなもので構いません。
男性はダークスーツ、女性は黒色のスーツやワンピースなどを用意しましょう。
小物やアクセサリーは派手なものを控えることも重要です。

カトリックとプロテスタントでは聖歌や賛美歌の斉唱を行いますが、聴いているだけでも良いものとなります。
しかし、事前に歌や祈りの言葉が書かれた紙が配られるため参加するのが一般的です。
どうしても分からない時は聴いているだけでも、咎められることはありません。

キリスト教では故人の死を不幸なものと考えない思想があります。
永遠の命の始まりと考えられるため、遺族に対してお悔やみの言葉を述べる時は「安らかな眠りをお祈りいたします」など、祈りの言葉が適切です。
「ご連絡いただきありがとうございます」というような挨拶も失礼にあたりません。
また、神父と牧師・聖歌と賛美歌などカトリックとプロテスタントでは言い方が異なる言葉もあるため注意しましょう。

正しい知識が必要な御花料と献花のマナー

仏式で用いられている香典がキリスト教では御花料と呼ばれ、自身の立場に合った金額を包みます。
金額は故人との関係性が密接であるほど高く、自身の年齢によっても変動します。
シンプルな白無地の封筒、または十字架が描かれた熨斗袋を使用するのが適切です。熨斗袋は百合の花が描かれているものでも構いません。

献花はカトリックとプロテスタントの両方で行われます。
まず、遺族に一礼して花を受け取ります。
この時、花の部分が右側に来るようにしましょう。
右の手のひらが上向き、左は右とは逆で手のひらが下向きとなります。
花を持ったまま献花台の前まで歩き、祭壇に一礼します。
献花台に花を置く時は花を右に回して、祭壇に花の根元が向くようにするのが一般的なマナーです。
左手は花の下に添えるようにして、花を支えます。
花を置いた後に手を合わせて黙祷、または深く一礼します。
黙祷の前にカトリック信者は十字を切り、プロテスタント信者は胸の前で手を組むというマナーがあります。
信者でなければ手を合わせるだけで問題ありません。
その後数歩後ろに下がって遺族に一礼してから席に戻るという流れです。

まとめ

仏式・キリスト教式・神道などの違いだけではなく、カトリックとプロテスタントでもマナーや流れが異なります。
マナー以外に呼び方が違う言葉もあるため、参列する時は注意しましょう。
キリスト教の最も特殊なマナーと呼べるのは、献花です。
花の持ち方や献花台への置き方など、細かい部分まで決まりが設けられているので事前に確認しておくことが重要です。