一般葬についてもっと詳しく知る
一般葬のマナー

一口に葬儀と言っても親しい身内だけで行う家族葬や直葬など、それぞれの形によって守るべきマナーも異なります。一般葬と呼ばれる通常の葬儀においてもいくつかのマナーがあって、違反をすることで遺族や故人に失礼になってしまうケースもあるので注意が必要です。そこで今回は、一般葬に参列する時の守るべきマナーについてご紹介します。

時間を厳守して香典のお札の選び方に配慮する

これは葬儀の席に限らず全てのことに共通することですが、遅刻をすることは遺族や親族の人に対して失礼な行為になります。
読経の最中に着席するといった行為もマナー違反になります。
仕事を終えてからの出席など、やむを得ず遅刻をしてしまう時は、必ず事情の説明と共にお詫びの言葉を述べることを忘れてはいけません。
もし、すでに葬儀が進行していて受付の人もいなくなっている状況であれば、香典は親族に人に直接お渡しするか、ご焼香の後に霊前に向けて備えるのがマナーです。

この時に用意する香典についても気を付けなくてはいけないマナーがあります。
葬儀の香典に包むお札は必ず使用済みの物を使用しなくてはいけません。
これは、新札を包むのは事前に死期を予感していたという意味合いなってしまうことが理由です。
あまりにボロボロのお札では逆に失礼になってしまうため、適度に使用されたものが望ましいと言えます。どうしても新札しか準備できない時は、あらかじめ折り目をつけておくなどの配慮が必要です。

遺族や知り合いに話し掛けるといった私語は控える

葬儀において、遺族と長話を行うのはマナー違反です。
これは葬儀という場所の問題もありますが、大切な人を亡くした遺族の悲しい気持ちを考えて配慮するという意味合いも含まれています。
葬儀は参列をするということが故人への弔いの行為となるので、日常的に親しい関係であっても必要最低限の挨拶に留めておくことが大切です。
この時に、自分から故人が亡くなられた経緯について遺族に尋ねることは最も失礼な行為になります。
詳しい事情を知りたいという気持ちはあっても、遺族の悲しみの心を掘り下げてしまうようなことはしてはいけません。

同様に遺族以外の人間との世間話もマナー違反と言えます。葬儀のような特別な場所では、連絡が途絶えていた知り合いに久しぶりに出会うケースも少なくありません。
懐かしさなどでつい近居報告などをしがちですが、その場ではできる限り私語は控えて話をするのは葬儀が終わって別の場所に移動してからにするのが望ましいと言えます。

通夜ぶるまいの出席と宗教の違いに気を付ける

葬儀と言っても、故人や遺族の属している宗教によって葬儀の形は異なります。
もし出席する葬儀がキリスト式の場合は、通常の葬儀とは細かい点で違ってくるため気を付けなくてはいけません。
遺族に掛ける言葉においても、通常の葬儀で使うご愁傷様のような言葉はマナー違反です。
キリスト教では亡くなった後は天に召されるという考えから、安らかなお眠りをなどの言葉を使うのが望ましいと言えます。

葬儀の席で出される通夜ぶるまいも参加するのが基本的なマナーです。
中には忙しいと言う理由で参加を拒否する人もいますが、これは故人に対して失礼に当たります。
通夜ぶるまいはただの食事ではなく故人への弔いの意味も含まれているので、遺族に促された時は断らずに出席をすることが大切です。
もし食事が喉を通らない場合は箸を付けるだけでも問題はありません。
遺族は葬儀の準備や故人が亡くなった悲しみで心労も溜まっていることも考えられることから、長居はせずに適度な時間で帰ることもマナーになります。

まとめ

葬儀は亡くなった故人を弔うための大切な儀式です。
親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、生前の故人や遺族との関係がどんなに親密であっても神聖な葬儀の場では最低限のマナーを守らなくてはいけません。
大切な人を亡くした悲しみの中にいる遺族の気持ちを考えて、故人が安らかに眠れるような正しい行動をすることが大切になります。