「自宅葬」をおこなう際の服装・マナーについて






自宅葬をおこなう際の納棺時の服装について

納棺の立会いは湯灌(ゆかん)をして故人の体を清めたり死装束を着せたりするので、基本的には親族のみになります。自宅葬で納棺に立ち会う際には平服がマナーです。平服とは略式喪服のことで、男性は黒やグレー、紺色などの地味な色のスーツを着用します。インナーは白のワイシャツに黒のネクタイが一般的です。女性の服装は男性と同様地味な色のワンピースかアンサンブルで、スカート丈はひざ下まであるものがベストです。小さい子供がいる場合も黒やダークグレーの服を選び、キャラクターがついた服などは避けましょう。制服があるなら学校の制服でも構いません。

注意が必要なのは、平服とは普段着ではないということです。最近の自宅での葬儀は自由なスタイルで行われることもあるので、「普段着でお越しください」などの案内があるときはもう少し砕けた服装でも問題ありません。
服装は色だけでなくデザインも重要です。地味な色の無地の服を選ぶようにしましょう。葬祭時には、光り物はマナー違反になるため光沢のある素材も避けます。真夏だったとしても露出の多い服は、故人とのお別れにはふさわしくありません。女性は結婚指輪以外のアクセサリーは外し、つけるなら一連の真珠のネックレスにします。長い髪は黒のゴムで耳より低い位置でまとめ、メイクはナチュラルにしストッキングも黒を選びます。

男性の髪型は短ければそのままでかまいませんが、長めなら整髪料で整えます。整髪料は香りのないものを選び、艶が出ないようにしましょう。
小物にも注意が必要です。靴や鞄、ベルトなどは、殺生を想起させる上に派手な爬虫類の革や毛皮でできたものはNGです。光り物という観点からエナメルの靴も着用せず、布や合成皮革の靴か本革の金具や艶のないものを選びましょう。女性のパンプスは、艶のない黒のプレーンのものが基本です。ヒールが高すぎたり低すぎたりしない歩きやすい靴を選び、ヒールの音が響くのを避けるために太めのものを選ぶとよいでしょう。子供靴は選択肢が少ないため多少の飾りは許されていますが、できるだけ派手な印象にならないものにします。

自宅葬での通夜・告別式の服装について

自宅葬は斎場などに比べて規模が小さいことを除けば、通常の通夜、葬儀、告別式と変わりません。お通夜は葬儀、告別式に先立って行われ、故人と親しい人たちが故人を偲び食事などをしながらお別れをする場です。お通夜に参列する場合には平服を選ぶ方が無難です。急な逝去のときには親族が礼服を用意できないこともあり、親族が平服なのに参列者が礼服を着ていると失礼に当たる場合があるからです。

告別式は葬儀に続いて行われるのが一般的なので、葬儀と同じ服装です。親族の男性は礼服を着用し、ワイシャツは白でネクタイ、靴下、靴、ベルトも黒で揃えます。親族の女性も礼服で、アクセサリーやメイクなどのマナーは納棺のときと同様です。
自宅葬に弔問する際の男性の服装は、親族の男性と同じく礼服に黒の小物で光沢や飾り、模様のないものを着用します。親族以外の女性の場合は、黒のワンピースかアンサンブルなどのフォーマル服を選びます。小物などに関するマナーは親族と同様です。
仏教徒の場合は数珠を持参しますが、それ以外の宗教の場合は数珠はいりません。

葬儀や告別式の服装は季節も考慮する必要があります。男女ともに季節に合わせた礼服を用意しましょう。葬儀では屋外と屋内を移動するため温度が変化します。夏の葬儀では、男女ともにインナーは半袖にしてジャケットを羽織りましょう。ジャケットは脱ぐこともあるので、ジャケットがあるからといってノースリーブを着るのは避けます。葬祭時には肌の露出が多いものはマナー違反です。冬は温度が低ければコートなどが必要ですが、アウターは黒やグレー、ベージュなどの派手すぎない色を選び、玄関に入る前に脱いでさっとたたんで手に持って家に入ります。
また地域や宗教によって服装のマナーが異なる場合があるので、事前に確認が必要です。

自宅葬に弔問する際に気を付けたいマナー

自宅葬は、身内や親しい人たちだけで葬儀を行いたいという遺族の意志の表れです。案内がない場合は弔問しないのが原則です。
参列できないときに弔電や電報で弔意を示したい場合は、遺族から特に辞退する旨の通知がなければ送っても構いません。弔電に対する対応は礼状程度で、遺族にそれほどの負担がかからないためです。弔電や電報は、通常通夜や告別式が始まる前に届けます。香典や供え物など一切を辞退された場合は、弔電や電報を含んでいると考えて送るのは控えましょう。
また葬儀場などとは異なり、故人の自宅には広い駐車スペースはありません。出棺のときには霊柩車も出入りします。路上駐車で近所や弔問先に迷惑をかけないように、弔問はマイカーを避け公共の乗り物やタクシーなどの交通手段を利用しましょう。

自宅葬は遺族側にもマナーが必要です

近年、家族や親しい人とひっそりと故人を送りたいなどの理由から、自由度の高い自宅葬が見直されています。しかし現在は葬儀場などでの葬儀が一般的なため、自宅葬をおこなう際は遺族の参列者や近所への配慮も必要です。香典の受け取りや参列者などを明確にし、葬儀の際は参列者をはじめ人の出入りがあるので事前に近所にあいさつ回りをするのがマナーです。

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




関連記事

  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ