家族葬に適した女性の喪服マナー、髪型やメイクの基本まで






女性は洋装?和装?どっちが多い?

葬儀マナーは様々なものがありますが、特に女性の喪服に関してはよく分からないという人も多いでしょう。まず、洋装と和装のどちらが良いのかという疑問があります。一般的に家族葬の場合、和装よりも洋装で葬儀に参列している人の方が多いです。和装は格が高いものと勘違いしている方もいるでしょう。しかし実際は和装も洋装も格に違いはありません。ただし、洋装と和装のそれぞれの中では服装によって格の違いがあります。大切なマナーなので、それぞれ確認していきましょう。

和装の正式礼装

黒の無地で染め抜き五つ紋付の着物が、女性の和装の正式礼装となります。生地は縮緬が主流です。帯は袋帯または名古屋帯のものを合わせ、帯締めは平打ちが一般的となります。帯も帯締めも、色は黒です。半襟や長襦袢、足袋は白のものを選びましょう。布製の草履台や鼻緒が黒い喪履き草履を履きます。髪飾りや玉留めはつけないようにしましょう。

和装の準礼装

一つ紋または三つ紋の着物が女性の和装の準礼装です。色は黒だけでなく、無地ならば紫色や灰色などの地味な色も着用できます。帯や半襟、長襦袢、足袋、草履などは正式礼装と同じものを選びましょう。

和装の略礼装

無地の地味な色の着物を着用し、地味な色の袋帯や名古屋帯を合わせると女性の和装の略礼装となります。

洋装の正式礼装

黒の光沢のない無地のワンピースまたはスーツが洋装の正式礼装です。素材はウールやシルクのものが一般的となります。スカートはひざ下丈で、なるべく肌の露出が少なくなるようにしましょう。襟の開きも狭いものにして下さい。ストッキングは黒の20デニールのものが最適でしょう。

洋装の準礼装

黒のスーツやワンピース、アンサンブルなどが洋装の準礼装です。スカートの丈は正式礼装より短くても問題ありませんが、膝が出るものは避けましょう。素材は部分的にレースやサテンを使っているものもあります。

洋装の略礼装

洋装の略礼装はワンピースやスーツ、アンサンブルが基本ですが、スーツの場合スカートだけでなくパンツを合わせることも可能です。灰色や紺色など地味な色を着用しても問題ありません。ストライプやチェックなどの柄物もありますが、派手なものは避けましょう。

以上のように和装にも洋装にも3つの格式があり、それぞれ葬儀の際の立場や葬儀の種類によって着分ける必要があります。正式礼装は喪主や三親等までの親族のみ着用でき、一般参列者が着ることはマナー違反です。葬儀と告別式、さらに一周忌の法要までは正式礼装を着用します。準礼装は一般参列者が着るもので、通夜や葬儀、告別式、法事など幅広く対応可能です。

略礼装は三回忌以降の法事や通夜で着用できます。ただし葬儀の多様化が進み、これらのマナーが厳格に守られることも少なくなっています。家族葬など小規模な葬儀では、喪主や親族であっても準礼装を着用することも多いです。また、洋装よりも和装の方が格が高いと勘違いしている方もたくさんいます。喪主や親族以外の場合は、トラブルを避けるためにも洋装で参列するのが良いでしょう。

髪型や化粧で気を付けるべき点は?

小規模な家族葬であっても、髪型や化粧にもマナーがあります。髪は肩より長い場合、ひとつにまとめるようにしましょう。なるべくタイトになるように、耳より下の部分で結ぶのが適切です。ただし、基本的に髪飾りの使用は避けて下さい。前髪で目元が隠れてしまうようなら、ピンで留めるようにします。髪色に関しては、明るすぎる場合ヘアスプレーなどで黒くする手もありますが、無理をする必要はありません。

化粧に関しては片化粧という葬儀マナーがあり、控えめになるよう心がけます。艶が出ないよう、ファンデーションはパウダータイプを使うと良いでしょう。チークは基本的に使わないのですが、顔色が悪い場合のみ薄い色を使って下さい。アイシャドウやリップなどは、ベージュ系の控えめの色のものを使いましょう。どの化粧品も、ラメやパール入りのものは避けて下さい。また、ノーメイクは失礼にあたるので気を付けましょう。

靴、小物や持ち物はどうするべきか?

葬儀の際の靴や小物、持ち物なども悩みの種です。ここで確認しておきましょう。まずは袱紗ですが、紺色や灰色、紫色など寒色系のものを使います。香典が3万円以上の場合は、爪付き袱紗や台付き袱紗を使って下さい。3万円未満ならば、金封袱紗の使用も可能です。数珠は略式の数珠と宗派別の数珠があり、女性用と男性用もあります。女性用は玉の大きさが6ミリ、7ミリ、8ミリとあり、房の色に決まりはないので好きな色を選んで下さい。

ただし数珠は家族葬では持たない人も多いので、必ず用意しなければいけないわけではありません。葬儀でつけることができるアクセサリーは、基本的に真珠のネックレスとピアス、イヤリングのみです。ネックレスは一連の短めのものを選びましょう。また、和装の場合は、アクセサリーをつけないのがマナーとも言われています。

ただし、洋装でも和装でも、結婚指輪をつけるのは問題ありません。和装の履き物はすでに紹介した通り、黒の喪履き草履となります。洋装の場合、光沢のない黒のパンプスを履きましょう。ヒールは高さ3~5センチ程度の、太めのものが最適です。バッグは和装の場合も洋装の場合も、黒で艶のないハンドバッグサイズのものを選びましょう。布製が最適ですが、革製のものも使用できます。ただし、留め具が金属のものは避けて下さい。

最低限のマナーを守った喪服を着用しよう

家族葬での女性の喪服に関してのマナーを紹介しましたが、これらは地域や葬儀の規模、年齢層などによって考え方が違ってきます。マナー違反でなくても、よく思われないこともあるでしょう。トラブルを避けるためには事前に遺族の意向を確認し、それに従うことが重要です。それぞれの葬儀に合わせた喪服で、故人を偲ぶ気持ちを大切にして参列しましょう。

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




関連記事

  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ