新型コロナウイルス感染症防止対策

会葬者の多い葬儀への取り組み

コロナ禍においても多くの参列者をお呼びする葬儀を行うことができます

日比谷花壇のお葬式では、お客様、参列者様、弊社従業員への新型コロナウイルス感染症防止に心がけ、参列者の密集を避けるご案内や、インターネット中継を併用し人数を調整するなど、安全なお葬式の運営を行なってまいります。

  • 各種コロナ感染防止対策を行います。

    マスクの着用、アルコール消毒など基本的な新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、椅子の配置や会葬者同士の距離が密にならないような式場の配置とご案内をいたします。

  • 参列者の密集を避けるご案内

    グループごとに参列の時間を変える、2部制にするなど、時間によって人が集まり過ぎないような工夫を行います。

  • インターネット中継の併用も可能です。

    葬儀のライブ配信を行うことで人数を調整すると同時に、遠距離の方、お忙しい方も参加できる環境を整えます。

コロナ禍における会葬者の多いお葬式の実例

よくある質問

  • 通夜料理や告別式料理を出すことは可能ですか?

    会食はご親族を中心に、少人数でアクリルのパーテーションで区切ってお食事をいただきます。
    一般の参列者へのおもてなしとしては、お持ち帰りの会席折詰弁当をご用意しています。

  • 最大どれくらいの人数の会葬が可能ですか?

    式場の定員の50%を目途に間隔を取った椅子の配置にてご案内しています。そのため人数にあわせて大きめの式場をご案内します。
    着席いただかずに、そのまま焼香や献花だけをいただくやり方では、間隔を取りながらご案内し、100人以上の葬儀も行うことができます。

  • 遠方の親族がいる場合にはどうすれば良いですか?

    高齢の親族の移動など、不安がある場合にはインターネット中継で葬儀の様子をご覧いただける無料サービスを行っています。
    海外にいるご親族に向けても多くご利用されています。