自宅葬についてもっと詳しく知る
自宅葬とは?

亡くなった方を送り出す儀式として執り行われるものが葬儀となりますが、近年、その様式も多様化し様々なスタイルで執り行われています。自宅葬もそのスタイルの一つで、その文字通り、自宅を会場としてよりアットホームな雰囲気での葬儀をするものです。葬儀が近親者のみで執り行われるなどの密葬化が進む中で、一層注目されるスタイルとなっています。

自宅葬について詳しく知りたい

自宅葬とは、セレモニーホールや斎場で葬儀を執り行う一般的な葬式とは違い、故人が生活を送ってきた自宅を会場として執り行う葬式になります。
長い入院生活を送り、自宅に帰えることなく旅立たれたケースや家族や親族のみで故人を送り出したいといった場合に選ばれるケースが多いです。
自宅が会場となるため、より家庭的な雰囲気のなか他人の目を気にすることなく故人との別れの時間を過ごすことが可能です。
葬儀の費用に関しても、会場費については自宅が会場ということで一律料金で変動することがありません。

また、セレモニーホールまでの移動時間や移動用バスの手配など、葬儀以外の事柄についてあまり考慮しなくても済むため、遺族のみなさんにとっても精神面での負担を少なくすることができます。
自宅が会場にはなりますが、葬儀の準備や後片付けは専門のスタッフが担当してくれるため、特別に何か準備しなくてはいけない、特別な知識が必要になるといったこともなく、気軽に依頼することができます。

自宅葬のメリットは?

自宅葬のメリットで一番とも言えるものは、他人の目を気にしなくてもいいということです。
一般のセレモニーホールや斎場では、1日に複数の葬儀が執り行われている場合があります。
そういった場合、次に葬儀を控えている遺族や関係者の方々と施設内で一緒になったり、葬儀にかかる時間を気にしながら参列したりということがあり、故人との別れの時間をじっくりと過ごすことができません。
ですが、自宅葬であれば、会場は自宅となるので、他遺族と出くわすことはもちろんありませんし、他人の目を気にせず、故人を偲び、思いっきり泣くことも可能です。

他のメリットとしては、故人の思い出がつまった空間で、生前の故人の思いを尊重した葬儀を執り行うことが挙げられます。
家族のみなさんで故人を囲みゆったりとした時間を過ごせることも自宅葬のメリットです。

また、葬儀の費用として挙げられる会場費は自宅が会場となることで一律料金となり、会場までの送迎バス等の手配も必要なくなることから費用の見積もりが立てやすい面も持ち合わせています。

自宅葬のデメリットは?

自宅葬のデメリットとしては、葬儀を執り行うにしたがって、ある程度の広さのある部屋を確保する必要があるということがあげられます。
自宅が一軒家であればさほど難しい問題ではありませんが、マンションやアパートで執り行う際には部屋の広さに加え、何階に住んでいるのかということも考慮していかなければなりません。
葬儀の設備をシンプルにした上でも少なくとも12畳はスペースが必要だとされています。
自宅葬を行う際には葬儀の専門家と相談することが必要になります。

同じくスペースの問題として、参列者の車を停めるための駐車スペースの問題も挙げられます。
セレモニーホール等の施設であれば気にすることはありませんが、個人宅での葬儀となると自宅の駐車場以外にも駐車スペースを確保する必要があるでしょう。

また、近隣のお宅にも事前に自宅葬をする旨のお知らせをする等の配慮が必要になります。
駐車場や近隣のお宅への配慮をすると、参列者は最低限の親族のみ等に限定する必要がでてきます。

まとめ

今回は自宅葬について述べてきました。
自宅葬は故人の思い入れのある自宅でアットホームな雰囲気のなか最期のお別れをすることができる一方、様々なスペースに関しての考慮が必要になるということがあげられます。
自宅葬をしたいが、より多くの友人や知人たちに故人を送り出してほしいという場合には、自宅葬ののちに告別式やお別れの会を開くことをおすすめします。
故人の遺志を大切にした葬儀を執り行えるよう、専門家との打ち合わせを進めていきましょう。