自宅葬についてもっと詳しく知る
自宅葬の詳しい流れ

葬儀は、葬儀社のもつ式場やお寺などで行うことが多かったですが、時代背景から昔とは違った理由で「自宅葬」が注目されつつあります。自宅葬を選んだ場合、通常の式場での葬儀との違いや気をつけるポイントはどこなのか知らない方に向けて、自宅葬に関するメリットやデメリット、そして自宅葬の流れなどについて詳しく紹介していきます。

自宅葬のメリット・デメリット

自宅葬のメリットやデメリットについてですが、メリットは式場を借りる必要がないので式場の使用料が発生しない点です。葬儀には現実的な問題として費用面の事もあります。
少しでも抑えることができるのはメリットといえます。

また、出棺の時間まではゆっくりと過ごせるのでご遺族・親戚同士で落ち着いて故人の方に付き添えるだけでなく、思い出話などゆとりのある時間が持ちやすいです。
そして何より、故人の方を自宅へ帰すことができるというご遺族の心情的な面において選ばれています。

反対にデメリットですが、住居状況などにもよりますが近隣の方への配慮が求められます。
例えば、弔問客の出入り・話し声・駐車場の確保といった点です。
さらに自宅ですべて式を行うため、後片付けもご遺族がしなければならないです。
部屋の大きさや家具の位置によっては、家具の移動なども行う必要があるため、体力的な負担が大きいケースがあります。

自宅葬においても、メリット・デメリット両方を知った上で自分にあった方法を選ぶことが大切です。

葬儀社に任せる方法と自分で手配する方法の紹介

自宅葬を行う場合は、自分ですべて手配する方法と葬儀社に任せる方法の2つがあります。
葬儀社に任せるメリットは、専門家に任せることで時間的・精神的な負担を軽減させることができるという面です。
葬儀社の方に自宅葬で行う旨を伝えれば大抵の業者で対応可能です。
しかし、詳しい内容や規模などの関係上、すべて希望通りに行える訳ではないので事前の確認をしっかりと行うことが必要です。

葬儀社によって自宅葬のプランがいくつか用意されていることもあるので、費用を抑えたい場合にはプランを活用することもオススメです。

自分で手配する場合は、時間や手間が必要となります。しかし自分ですべて手配する最大のメリットは、式場の使用料や人件費を節約できるという点です。

自分で手配する場合には、ご遺体の搬送・死亡届の提出・火葬場手続き・棺や骨壷など仏具の準備・遺影写真などが必要です。

これらは宗派によっても様々なので、早めの準備をしておくことをオススメします。

マンション・一戸建てによって違う注意点

自宅葬を行う場合、自宅の状況などによって気をつけるポイントは様々です。

例えば、ご自宅がマンションやアパートなどの集合住宅の場合は、マンションの規約などの確認をあらかじめしておきましょう。
マンションなどによっては自宅葬自体を禁止している場合があるからです。

また、近隣の住民へは事前に挨拶をしておくことをオススメします。
人によってはお焼香の匂いや話し声に不快感を覚える場合があるからです。

弔問客の駐車スペースに関しては、他の住民の邪魔にならないような場所に停められるように注意しておくことも忘れてはいけません。

自宅が一戸建ての場合も、近隣の方への事前の挨拶はしておくほうが良いです。
葬儀当日は、多くの弔問客や読経の声などの影響がないとも限らないからです。

駐車スペースに関しては、マンションなどと同様に路上駐車などが起きないように配慮しましょう。
オススメなのは、近くの駐車場の案内をしておくという方法です。

まとめ

自宅葬は、式場で行う方法とは違って式場の使用料を抑えたり、葬儀社のスタッフの人件費がかからないので全体的な費用面で安く済ませられるのがメリットです。
さらに、出棺の時間までは自宅でゆっくりと故人の方に寄り添えるのも自宅葬ならではです。
しかし、自宅で行うということは近隣の住民の方への影響や、式の雑用なども自分で行う必要があるため事前の確認や準備などが重要となります。