自宅葬についてもっと詳しく知る
自宅葬のマナー

故人とゆっくり最期の別れをしたい、身内だけでひっそりとした葬儀を行いたいと考える遺族は自宅葬を行う場合があります。その時、故人の関係者は「自宅葬は参列した方が良いのか」と疑問を抱くかもしれません。自宅葬は遺族の意志を尊重して、参列すべきか判断することが必要です。遺族側も参列者や近隣住民に対してのマナーがあるので、注意しましょう。今回は自宅葬に関するマナーについて説明します。

自宅葬は参列して良いのか?

自宅葬は遺族側の「ひっそりと葬儀をしたい」という意志によって行われています。
そのため遺族からの案内がなければ、参列や弔問をしないのが原則です。
電話や直接会った時に訃報の知らせを聞いた場合は参列して問題ありません。

迷ってしまうのは訃報の知らせが手紙によって届いた場合です。
これは文章の内容によって参列すべきか判断できます。
訃報の知らせと共に葬儀の日時が記載されていれば、遺族から「参列してください」と案内されていることになります。
対して訃報の知らせは記載されているものの、葬儀の詳細情報が不明な時は参列を控えた方が良いでしょう。
参列しない時は後日弔問する、またはお悔やみの手紙を出します。
弔問も遺族に負担がかかるため、故人と自分の関係性を考えた上で判断するのがマナーです。

このように参列者は遺族の意志を尊重してくれるので参列してほしい人には葬儀の詳細情報を伝える、それ以外には伝えないと区別することがマナーとなります。
互いの負担を軽減するために葬儀後に事後報告という形で訃報の知らせを届ける場合もあります。
その時は訃報の知らせと併せて連絡できなかったお詫びを述べるようにしましょう。

香典・供花に関するマナー

香典・供花なども遺族からの案内がなければ控えるのが一般的です。
自宅葬では香典辞退を申し出るケースが多いので、訃報の知らせなどを見てその旨が書かれていないか確認しましょう。
香典辞退の連絡がない時は故人との関係性や年齢に応じて、適切な金額を包みます。
辞退の知らせがあったにも関わらず、香典や供花を送るのはマナー違反です。
気を配ったつもりかもしれませんが、香典返しや返礼品などで遺族の負担を増大させてしまいます。
自宅葬は遺族の意志を尊重することが最も重要です。

遺族側は参列者に配慮して香典を受け取るのか、辞退するのかを明白にしなければなりません。
参列や香典を迷う人が現れないように、葬儀前の訃報を伝える人を限定するケースが多くなっています。
葬儀後に友人・知人など範囲を広げて連絡するようにしましょう。故人の勤めていた会社など、必ず連絡しなければならない関係先に対しては近親者のみで行うことや香典の辞退に関して明記することがマナーとなります。

近隣住民に対する配慮

自宅葬をする場合、遺族は近隣住民に対しても配慮しなければなりません。
葬儀当日は参列者や葬儀社のスタッフなど、少なからず人の出入りがあるため事前に挨拶回りに行くのが遺族側のマナーです。
特にマンションは僧侶の読経や参列者同士の話し声が聞こえやすいので、上下階と隣人には必ず挨拶に行っておきましょう。
その時手土産を渡す必要はありませんが、菓子折りなど簡単なものを用意しても構いません。
マンションで葬儀が禁止となっていることもあるため、管理者にも事前の連絡が必要となります。
戸建てであっても人や車の行き交いで多少の迷惑をかける可能性があり、挨拶に行っておくのが無難です。
挨拶回りの時に弔問や香典の辞退を申し出ておけば、互いの負担を軽減できます。

近隣住民側は葬儀当日、参列者の車が出入りする場合があるので路上駐車はご法度です。
遺族は葬儀の準備や片付けで忙しく、葬儀前後は長時間話し込むという行為も控えた方が良いかもしれません。
遺族は身体的・精神的に負担を抱えているため、迷惑とならないように気を配りましょう。

まとめ

自宅葬は遺族が身内だけで故人との別れを行いたい場合に用いられるスタイルです。
そのため遺族からの案内がない限り、参列は控えた方が良いでしょう。
直接訃報の知らせを受けた、届いた手紙に葬儀の日時が記載されていた場合は参列しても構いません。
香典・供花に関しても参列と同様、遺族の案内に従います。遺族側は参列者のことを考えて、参列や香典の旨を明確に伝えることが大切です。
参列者と併せて近隣住民に対する配慮も必要となります。