一日葬についてもっと詳しく知る
一日葬の費用相場

今までの葬儀の殆どが一般葬が主流だといえます。しかし、家族構成や、費用や交流関係などを考えると今までの一般葬儀を行うには大げさすぎてどうしても敬遠してしまうのが現状にあります。 大事な家族が失ったばかりなのに通夜は葬式の準備など忙しく動かなければいけないし、また一般の葬儀はかなりの割高になってしまい、葬儀代がかさむ過ぎる問題点もでてきます。

一般葬の費用についての見積もりは

葬儀をするためには,葬儀費用を考えなくてはなりません。
一般的に葬儀にかかる費用は葬儀社に支払う葬儀費用の他に葬儀社が手配する葬儀の実費費用に寺院へのお布施を合わせて考えます。
そして葬儀の一式のレンタルに、人件費に棺などの金額を考えます。

その他にも、個人の親族ための料理や飲み物の費用に、そして霊きゅう車に斎場などの葬儀社に支払う実費費用もでてきます。

葬儀費用の中に組み込まれていませんので葬儀社によっては追加されて、葬儀にかかる費用が膨大になってしまうこともありますので、まずはその内訳を考えるべきです。
そのために見積書を請求をして内訳を確認をすることが大切です。
一般葬の場合は、葬儀にかかる費用を確認をしながら手続きをしなければならないのが悩みの種になってしまいます。
そのためにも日頃から葬儀費用の相場を考えるべきなのではないのでしょうか。
そのこともあり、一般の葬儀よりも簡単でにすませることのできる一日葬を検討を考える人が最近では多くなってきています。

高額になる葬儀費用を節約するためには

昔から、葬儀費用は大金がかかるといわれます。
葬儀社をしっかりと選び、また予算についても見積もりを出して費用の内訳を確認をすることができますが、費用を抑えてから1日葬を考えるといいでしょう。
費用を抑えたい、宗教などを分からないけど、しかし葬儀をするときにはシンプルな一日葬であれば、通夜もなく葬儀だけで、お別れの儀式ができます。遠くからのわざわざ参列する人にも負担はかかりません。

遺族の方にしても、約27万円ぐらいはかかりますが、大幅な赤字などにも悩まなくてもいいし、おまけに予算だけを重視をし過ぎてかなり粗末な葬儀よりも、最初からシンプルに一日葬にしても故人を送るのには最適なプランだといえます。
通夜はなくシンプルな葬儀の内容になっていますが、故人への敬意を持っているのであれば、シンプルな1日葬でも、故人への敬意を損なうことはありません。
故人が無宗教であれば、家主体の葬儀よりもこのようなシンプルな1日葬儀を選ぶ人もいます。

一般的に仏前式の葬儀が人気があります

シンプル過ぎると故人の知り合いから、変な誤解を受けてしまいます。
無宗教だからといっても、やはりちゃんとした葬儀をしたいと感じる遺族や、その他には、故人の宗教に合わせての一日葬を行うこともできます。

一日葬でありながら、仏具などの一式を全部ありますので、安心して一般的な葬儀を行うことができます。
通夜などは親族がなかなか来れないことが多いので、一日葬は、親族や遺族に負担をかけることはなくそれぞれに故人へのお別れを伝えることができます。

かかる費用にしても、約28万円前後になります。
その他にちゃんとした仏事をしたいのであれば、法事・法要に仏壇や墓石などのオプションもありますので相談して決めることもできます。
従来の葬儀の他に別に法事の費用を考えるよりもこのようにセットで考えてみる人も最近では増えてきているのも無理はありませんね。
この葬儀のかかる費用も割高ではないので、普通のサラリーマンなども無理もしないで決めることができる葬儀ともいえます。

まとめ

一日葬は、忙しい日々を送っている人達が多くなっている現代に生まれた新しい葬儀の形といえます。
大事な家族を失ったばかりの人にと照っては悩ましいのは葬儀の形式です。
そのためのかかる費用などを考えるとどうしても頭が痛くなる時が多いようです。
費用を抑え過ぎて親族が恥ずかしい思いをすることも、葬儀の費用の相場を知らず、最高級の葬儀をやり過ぎて後で遺族同士の争いの種になりかねないことを聞いたことがあります。
それを防ぐためにも一日葬のかかる費用をまずは考えて置くこともいいかもしれませんね。