無宗教式葬儀とは?






無宗教式葬儀とはそもそもなにか?

 無宗教式葬儀(無宗教葬)は、葬儀の際に特定の宗教の儀式ではない方法で故人さまを弔い、お別れを行うスタイルのお葬式です。近年増えてきている葬儀のスタイルで、金銭的・心理的負担が少なく、ゆったりと葬儀を執り行えます。

 そもそも葬儀とは、亡くなった方がそれぞれの宗教における「死後」を安泰に過ごすことができるように祈り願う儀式でした。時代は移り変わり、家族ごとに縁のある宗教がないという家も増えてきました。特に縁もなく、信仰もしていない宗教の儀式に則って葬儀を行うのももちろん問題ありません。宗教者とご縁がない場合は当社で宗教者をご案内することもできます。

そんな中、宗教的な儀式に使っていた時間に、もっと自由度の高いお別れのセレモニーを行うスタイルのお葬式が興りました。これが無宗教葬です。

宗教者手配などに充てられる葬儀費用を、ほかのお別れのセレモニーに充てることができますし、故人さまを囲んだ参列者との懇談によってゆっくりとあたたかくお別れの時間を過ごすことができます。このように、金銭的にも時間的にも、そして精神的にも余裕の出る新しい葬儀のスタイルです。

まだ無宗教葬に参列したことがない、という方も多いかもしれません。
無宗教葬の形は様々で、ご遺族によって行うことは変わります。楽器の演奏があったり、お手紙を書く時間があったり、葬儀の間に立食形式で食事を召し上がることもあります。
従来の葬儀の形にあまりとらわれずに、自由な発想でお別れの時間を組み立てることができるのも、無宗教葬のメリットです。

この記事では、無宗教葬の詳しい流れや、行うことの説明を行います。

無宗教式葬儀の流れ

 一般的な葬儀と変わりありません。
葬儀の内容だけが大きく異なりますが、葬儀まで、そして火葬のあとに起こることは一般的な葬儀をイメージしていただければ大丈夫です。
左から順に葬儀の流れが書いてある

葬儀の流れや習慣は地域によっても異なります。
くわしくは葬儀の担当者や、事前相談員にお尋ねください。

逝去・搬送
病院で亡くなった場合は病院の霊安室へ、ご自宅や施設で亡くなり、死亡診断書がない場合は警察へまずは搬送されることが多くあります。病院や警察にて葬儀社から声をかけられることがあるかもしれませんが、事前に葬儀社を決めている場合は「葬儀社を決めています」とはっきり断っても失礼にはあたりません。
その場で葬儀社に電話をかけ、お迎えのお願いをします。

安置・打ち合わせ
ご自宅や施設にて、故人さまにお休みになっていただくことを「安置」といいます。
スペースや環境が整っていればご自宅で、そうでなければ専用の安置施設でお休みいただきます。
夜や早朝であれば一度ご家族にはご帰宅いただき、葬儀の打ち合わせを行います。

納棺
お棺(ひつぎ)に故人さまを納める儀式です。
近しいご遺族にはご参加いただきます。

通夜・告別式
お別れのセレモニーを行います。
楽器や歌の演奏(献奏)、立食形式で食事を行うこともあります。
故人さまへの手紙を書いたり、故人さまを囲んで懇談の時間を設けたり、献花を行ったりします。
読経や祈祷といった宗教的な儀式はありませんので、約1時間の間をお好きなように過ごせます。
詳しくは後ほど解説します。

出棺
葬儀の会場(葬儀場やご自宅)から火葬場へ向かいます。

火葬
火葬が終了するまでは施設により時間の幅がありますが、目安として1時間ほどかかります。
その間軽食を召し上がっていただくこともあります。ご希望の方は担当者にお申し付けください。

収骨
火葬が終了したら、参列者によってご遺骨を骨壺に収めます。
埋葬許可書とご遺骨を受け取って、葬儀は終了です。

お食事
すべてが終了したあとにお食事の時間を設けることもあります。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。
無宗教形式のお葬式|日比谷花壇のお葬式>>

無宗教葬で行うこと

 前述したように、無宗教のお葬式では行うことについて厳格な決まりがありません。
宗教的な儀式は行いませんので、無宗教のお葬式で行うことの一例をあげておきます。
■献奏
楽器の演奏をしたり故人さまに向けて歌を贈ったりします。
音楽のジャンルに制限はありませんが、生演奏ができる葬儀場は限られます。無宗教の葬儀を行い、生演奏をご希望の場合には、無料の事前相談を行っておくことをおすすめいたします。

 日比谷花壇のお葬式で行った、音楽葬の体験会の様子がございます。
参考にご覧ください
セレモニーコンサート-音楽葬を体験-イベント動画|オハナクラブ>>

■献花
キリスト教のお葬式やお別れの会などで行われる、故人さまに花を手向けるセレモニーです。
故人さまへの気持ちを込めて、一人一輪の花を手向けます。
日比谷花壇のお葬式では、キクやカーネーションといったスタンダードな花から、季節を象徴するお花まで多様な種類から献花をお選びいただけます。

■懇談
故人さまを囲んで思い出を語り合ったり最後の感謝の気持ちを伝えたりする時間を取ります。
思い出コーナーとして、思い出の品や写真をたくさんお飾りいただくこともできます。
故人さまにより近づける囲み型の花祭壇は、無宗教のお葬式にピッタリです。
無宗教葬儀におすすめの花祭壇|日比谷花壇のお葬式>>

■手紙を書く
故人さまへ向けて、想いをつづる時間を設けます。
式中に書いたお手紙は、最後にお棺に納めることができます。

日比谷花壇のお葬式は、無宗教葬の経験が豊富です。
無宗教のお葬式でご納得いただくためのご提案をいたします。
くわしくはこちらの記事もご覧ください。
日比谷花壇が提案するお花いっぱいの無宗教葬とは?>>


無宗教葬の事例はこちらからご覧ください。
ご家族の愛に包まれた無宗教形式の家族葬>>
東京都落合斎場で行われた思い出にあふれる無宗教の家族葬>>
東京都みどり会館で行われた大好きなものに囲まれた無宗教の一日葬>>

無宗教式葬儀を行う時の注意点

 ■菩提寺があれば確認
もし、先祖代々守ってきたお墓があり、そのお墓にご遺骨を納めようとお考えの場合は、必ず菩提寺に確認してください。菩提寺があり、寺のお墓に納骨をする場合、基本的にはそのお寺にお葬式を行っていただく必要があります。

 菩提寺があるのかどうかわからないときは、ご親族に尋ねるなどして明らかにしておくことをお勧めします。寺の墓ではなく、霊園や納骨堂に納骨する場合はその限りではありません。

■親族にも確認する
参列していただくご親族のご理解が得られないと思わぬトラブルにつながる可能性があります。
無宗教の葬儀はだんだん理解を得られる葬儀の形になってきましたが、とはいえトラブルを招きかねません。読経や祈祷がない、戒名がないなど通常の葬儀と異なる慣習に戸惑う方も多くいらっしゃるでしょうから、事前に説明をしておくことが大事です。

無宗教式葬儀に参列する時のよくある質問

 ■どのような服装でいけばよいですか?
とくに指定や指示がない場合は、一般的な喪服の着用で問題ありません。
つやのない黒のスーツやワンピース、喪服とされる着物を着用します。
「平服でお越しください」のような文言がある場合、黒や紺といった暗い色のお召し物を選びます。
無宗教の葬儀の場合は、もっと普段着に近い服が好まれる場合もあります。不安なときは、喪主の方に直接確認したり担当の葬儀社に確認すると安心です。

受付があるので大きな荷物も預かってもらえますが、移動を伴うのがお葬式です。
コートや傘以外はあまり大きな荷物は持っていかないようにします。

■香典は必要ですか?
一般的な葬儀と変わりませんので、訃報に辞退の旨が記載されていない限り香典を持参します。
表書き(香典袋の表に書かれている項目)は「御霊前」「御香典」「御花料」などです。
くわしくはこちらの記事もご覧ください。
香典とは何か-いまさら聞けない葬儀のギモン>>

供花も香典と同じように、訃報に辞退の旨が記載されていなければ申し込んで問題ありません。
担当の葬儀社にお問い合わせください。

お急ぎの方、ご検討中の方もまずはお電話を

日比谷花壇のお葬式は、病院へのお迎えから葬儀の打ち合わせ・進行、アフターサービスまで一貫してお手伝いしております。
お電話による事前のご相談も可能です。
ささいなことでも、初めてのお電話でもかまいません。
フリーダイヤルよりお電話ください。24時間365日受け付けております。
お急ぎの方はこちら>>


また、初めて喪主となる方でも安心してご依頼いただけます。
葬儀については「初めての方へ」のページもごらんください。
はじめての方へ|日比谷花壇のお葬式>>


資料をご請求いただいた方には、以下の資料を葬儀とわからない封筒でお送りいたします。
・すべての商品の価格が掲載されている総合カタログ
・葬儀が最初から最後までよくわかる日比谷花壇のお葬式がわかる本
オリジナルクリアファイル

終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! 終活から葬儀までがよくわかるパンフレットを無料で差し上げます! WEBで1分!カンタン申し込み今すぐ無料で資料をもらう

最寄りの葬儀場やご希望の花祭壇から調べることもできます

日比谷花壇のお葬式は、首都圏の約500式場・関西の約700式場でお葬式を行うことができます。
ご自宅近くの斎場・葬儀場や、ご希望の花祭壇から葬儀の相談を始めることも可能です。

葬儀場を探す|日比谷花壇のお葬式>>
花祭壇|日比谷花壇のお葬式>>

日比谷花壇のお葬式では無宗教形式のお葬式の経験が豊富です。
詳しい流れやよくある質問についてはこちらもご覧ください。

無宗教のお葬式|日比谷花壇のお葬式>>

この記事を書いた⼈

日比谷花壇のお葬式 コラム編集部




  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ