無宗教のお葬式についてもっと詳しく知る
無宗教式葬儀のマナー

古くから日本では人が亡くなった時は通夜や告別式を執り行うのが一般的とされてきました。しかし、時代の変化と共にそれぞれの考え方や参列者の事情を考慮して、家族葬のような簡易的な儀式で済ませるケースも増加傾向にあります。その中で宗派や形式にこだわらない無宗教式葬儀という形を取り入れるケースも珍しくありません。今回は無宗教式葬儀に参列する時のマナーについてご紹介します。

無宗教葬儀に参列する時の服装

無宗教葬儀の特徴は一般的な葬儀のように決められた形式がなく、葬儀を行う人が自由なスタイルでできることです。
そのため、参列者の中には着て行く服装も特に気にしないで自由でいいだろうと考える人も少なくありません。
しかしこれは間違った考えで、例え無宗教葬儀であっても一般の葬儀と同様に喪服での参列がマナーになります。
男性であれば黒のスーツに白いワイシャツ、ネクタイなどを含む小物類も黒で統一するのが一般的です。
女性も黒のスーツもしくはワンピースを着用して、男性と同様にストッキングやバッグといった小物類も黒を選ぶことが望ましいと言えます。
女性の場合は人によってはネックレスなどのアクセサリーを身に付けることもありますが、葬儀の時はパールを選択するのが一般的です。

そのほかにも、一般的な葬儀では必要とされる数珠は無宗教の葬儀であれば持っていなくてもマナー違反にはならないため、個人の判断で決めても特に問題はありません。

香典を用意する時の表書きの記入に気を付ける

例え自由な形式で行う無宗教の葬儀と言っても、香典を渡さなくていいということはないので参列する時は忘れずに用意しておくことが大切です。
香典袋の形に関しては特別な決まりはないので、特に細かく気にすることはなく一般的な葬儀で使用する不祝儀の物か白い封筒で問題はありません。
香典袋を準備する時に悩むのが記入する言葉の選択です。
無宗教だから特別な言葉があるのではと考える人もいますが、通常の葬儀と同様に御霊前や御香典という形で記入をしてもマナー違反になるということはないので、悩んだ時は無難にこれらの言葉を記入するのが望ましいと言えます。

香典に関しては、故人や葬儀を執り行う側の以降で受け取らないというケースもありますが、そういった場合は香典を持たずに出席してもマナー違反にはならないので心配はいりません。
事前の通知でご厚志お断りしますといった言葉が記入されているのであれば、香典は必要ないという意味になるためこれらで判断することが可能です。

献花をする時に知っておくべきマナー

無宗教の葬儀の場合は、通常の葬儀とは異なり焼香を行わないのが一般的です。焼香の変わりに行うのが献花と呼ばれるもので、意味合い的には焼香に似た儀式になります。
献花の時に祭壇に手向ける花の種類や色は特に形式的なものはなく、個人が好きだった花など自由に選択ができるのも無宗教ならではです。

この時も守らなくてはいけないマナーがあるので注意が必要です。
まずは、花を受け取る時は右手側が花、左手側に茎の部分が来るように受け取ります。
この時に受け取ってすぐに祭壇に向かうのは失礼に当たるので、遺族にしっかりと一礼をすることを忘れてはいけません。
祭壇の前では、故人に手渡すようなイメージで茎の方を祭壇に向けて花を自分の方に引き寄せます。
その後静かに花を置いて黙祷を行って再び遺族に一礼をするのが基本のマナーです。
当日になってやり方を忘れてしまったという場合は、自分の前の人が行っている方法をしっかりと見ておいてその通りにすれば失敗をすることはありません。

まとめ

決められた形式にこだわらないで故人や遺族の意向で自由な形で行うことができるのが無宗教葬儀の特徴ですが、例え一般的な葬儀に比べて堅苦しくない場であっても、最低限守るべきマナーというのはあります。
大切な人を失った遺族の悲しみを考えて、マナーを守って失礼のないようにすることが故人を偲ぶ気持ちにも繋がるのです。