直葬についてもっと詳しく知る
直葬の注意点

経済的な理由や、伝統的で宗教的なお葬式のやり方にこだわりを持たない人が増えたこともあり、直葬を選ぶ人が多くなっています。直葬は、お葬式を行わずに火葬のみを行うことです。シンプルな葬儀であるがゆえに、事前にきちんと調べて検討しないと後で困ったことになるケースもあります。ここでは、直葬を選ぶ上で注意しておくべきことをご紹介します。

親族、知人に理解をしてもらいましょう

儀式を一切しないで、家族やごく親しい方数人で火葬のみを行うやり方を直葬といいます。
直葬は、限られた親族だけで行う家族葬や密葬とは違うものです。
一般的な葬式というのは、お通夜から始まり、葬儀式、告別式そして火葬という一連の流れで行われますが、最近では、経済的理由から葬儀費用の捻出が難しい、高齢で亡くなったために親族や知人がほとんどおらず式をしても参列者がいない、仏教離れといった宗教観の変化により儀式としての葬儀の必要性を感じる人が少なくなった、などの理由から直葬をする人が多くなってきています。

注意したい点は、直葬の場合、火葬に立ち会うのはごく限られた家族のみになるということです。
ですので、一般的な葬儀に参列して故人にお別れをしたいと考えていた親族や友人、知人に対して葬儀を行わなずに直葬とする旨の連絡を事前にし、理解をしてもらうことが必要です。

葬儀というのは、一生に一度、最後の故人とのお別れの場です。
直葬を選ぶ場合は、後になって後悔しないように家族間でしっかり相談しておくのがよいでしょう。

ご遺体の安置場所を確保しましょう

亡くなるとそのまますぐ、ご遺体は病院から火葬場に運ばれて火葬されると考えている方も多いかもしれませんが、法的に死後24時間以内の火葬は禁止されています。
したがって、ご遺体を安置できる場所、つまり霊安室が必要となってきます。
病院では、亡くなってから一日、遺体を預かるということはしません。

そのまま自宅に運んで安置できるなら大丈夫ですが、自宅のスペースの問題などで難しい場合もあるでしょう。
その場合は、棺にご遺体を納めた状態のまま、火葬場の霊安室に安置するという方法があります。
ただし、霊安室のない火葬場や、夜間の安置の受け入れのできない火葬場も多いです。
事前に夜間も含めて安置が可能な火葬場を選ぶ必要があります。

また、火葬場に空きがなく、数日間ご遺体を安置する必要が生じる場合もあります。
この場合、ご遺体を保存するためにドライアイスを使って安置しなければなりません。
火葬場が空いているかの確認もしておいた方が良いでしょう。

お寺に納骨ができるか確認しましょう

火葬が終わってからは後日、納骨を行うことになります。
ここで、直葬を選んだがために、菩提寺から納骨を断られるケースがあります。
直葬の場合は戒名や読経がないために僧侶を呼ばないことが多いですが、菩提寺に納骨を考えている場合は、事前に納骨ができるかどうかお寺に確認する必要があります。

一般的な葬儀では、僧侶に戒名をつけてもらい、読経して、先祖代々の遺骨が入っている菩提寺のお墓に納骨します。
対して、直葬というのは、原則的に宗教の儀式をいっさい省いてしまうので、戒名をつけず、読経も行いません。
これは菩提寺とのつながりをいっさい持たずに火葬だけを行うということを意味します。
ですので、お寺によっては宗教的な儀式を行わないことを嫌い、納骨を断るというわけです。

ただ、直葬の場合は納骨できないというお寺であったとしても、炉前読経や四十九日の法要をお願いすることで、納骨してもらえる場合があります。
炉前読経というのは火葬前に棺を一旦安置した状態で、僧侶に読経をしてもらうことです。
同じように、四十九日の法要で本葬を行えば、儀式が守られたと解釈されるのでしょう。

まとめ

直葬は、葬儀にかかる費用負担が少ないだけでなく、準備の負担も大きく軽減されるので、なるべくシンプルに葬儀を済ませたい方にとっては最適ともいえる方法です。
ただ、葬儀は故人への最後のお別れという大切な場でもあり、直葬を選ぶときには故人にゆかりのある方の思いを気遣ったり、ご遺体が安置できる場所、火葬後の納骨など事前にきちんと確認することが大切です。