直葬のメリット・デメリット
—直葬についてもっと詳しく知る—

作成日:2015年04月01日  更新日:2022年08月22日

近年、核家族化や価値観の多様化、あるいは経済事情の複雑化などにより、自分や身内の葬儀をコンパクトな形で済ませ、できるだけ負担を軽くしたいという方が増えて来ました。そのような葬儀形態の1つとして、直葬を選択するケースも都市部を中心に増加しています。ここでは直葬を希望する方の参考として、直葬のメリットやデメリットを紹介します。

直葬における葬儀の流れ

直葬は火葬式とも呼ばれ、通夜と告別式を行わずに、故人が安置されている施設あるいは自宅から、そのまま直接火葬場へ搬送して、「骨上げ」までを行うタイプの葬儀形態です。通常、病院で臨終を迎えると、その場で死亡診断書を受け取ることになります。

病院以外の場所で死亡した場合には、警察の検視によって事件性の有無の確認が必要になります。そこから安置するスペースへ搬送して、24時間の経過後に火葬することになります。これは法律によって、死亡確認後24時間を経なければ、火葬ができないと定められているからです。

また安置スペースについては自宅でも可能ですが、近年では居住環境や社会意識の変化によって、専用の安置施設へ搬送するケースが圧倒的多くなっています。安置スペースでは故人を法衣で包み、納棺した後に火葬場へ搬送されます。火葬炉の前では最後のお別れや、宗派によっては僧侶による読経、さらに焼香もここで行われます。

火葬後は二人一組になって遺骨を骨壺へ納めていきます。ここから解散後は、遺骨や位牌、遺影写真と共に自宅に帰宅して、祭壇などに安置する運びとなります。

直葬のメリットは費用だけではない

直葬を選択する動機や理由には、個人の価値観や経済事情、親族が少ないなど様々です。したがって直葬することのメリットと、自分自身のニーズとが、しっかりマッチしていることが重要になります。

まず直葬のメリットとしては、一般的な葬儀に比べてリーズナブルな費用で済む点が挙げられます。通夜や告別式、あるいはそれに伴う僧侶や参列者へのおもてなしなど、諸経費が不要となるからです。このため、できるだけ費用負担を低く抑えたい方には、最適な葬儀形態と言えるでしょう。

もう1つのメリットには、通夜や告別式を行わないので、参列者へ対応するための人員や、そのための時間的コストが不要になることです。通夜や告別式を行えば、受付係や配膳係といった人員の準備や、参列者への挨拶などで、労力や時間を割く必要に迫られます。

このような負担を避け、余裕をもって故人と最期の時間を過ごしたい方には、直葬はまさにおすすめです。さらにメリットを挙げるならば、葬儀後の香典返しも要らない点でしょう。単に金銭的な負担だけではなく、事務的な労力や挨拶回りの負担まで減らせるのは魅力的です。

直葬のデメリットをあらかじめ知ってトラブル回避

直葬は一般の葬儀とは異なり、参列者が極めて限定されます。また臨終から火葬までの時間が短いので、世間への周知も遅れがちになります。したがって直葬のデメリットをあらかじめ知って、葬儀後に様々なトラブルを起こさないよう、注意と準備が必要です。

例えば、直葬の参列者を限定したがゆえに、後々になって故人の親族や友人などから、不満や苦情が出ることがあります。このようなケースを避けるためには、直葬を選択したらできるだけ速やかに、事前にその旨を伝えておくことが必要です。

そして親族には理由やメリットの説明を、友人や親しい知人には弔問の機会を別に設けるなど、きめ細かい対応と準備をしておくことが肝心と言えるでしょう。さらに故人が代々お世話になっている菩提寺がある場合にも、直葬を決める際に事前に相談しておくことが大切です。

もしこれを怠ると、無断で葬儀を省略したことで心象を悪くし、お寺側からお墓への納骨を拒否されることもあります。このようなトラブルにならないためにも、菩提寺との事前相談は必須です。

最後に

近年、直葬による葬儀が増えたとはいえ、一般の葬儀に比べればまだまだメジャーとは言い難いのが現状です。そのため、葬儀後にトラブルになるケースも、残念ながら見受けられます。このようなことにならないように、まずはしっかりと直葬のメリットとデメリットを知っておくべきです。そのうえで、自分自身のニーズにそれがマッチしているかどうか判断して、周囲と相談しながら決めることが大切です。そして必要であれば、事前の準備をしておくことが理想でしょう。

  • メモリアルハウス 花ときわ
  • 花堀江
  • 日比谷花壇ペット葬
  • 日比谷花壇の葬儀保険
  • オハナクラブ
  • 日比谷花壇のお別れナビ