直葬についてもっと詳しく知る
直葬の費用相場

近年では、故人の意思を尊重して、または遺族間での協議の結果、直葬を選ぶ世帯も増えてきています。葬儀に関する考え方が自由化していく一方で、きちんとしたところに依頼しなければトラブルにもなりかねませんので注意が必要です。今回は、直葬の概要や注意点、費用相場などについて見ていきますので、参考にして下さい。

直葬とは:流れや手続き

直葬というのは火葬式ともいい、一般的に行われている通夜式や告別式をせずに、本当に親しい身内や遺族のみで火葬を行う葬儀のことを指しています。
臨終から納棺を行い、本来ならば通夜や告別式が行われるところを省略し、そのまま出棺、火葬、骨あげに移行するという非常にシンプルな葬儀です。
祭壇や棺等の準備、火葬場の手配など遺族ではなかなか手が回らない作業となっていますので、通常は直葬を行っている葬儀社に依頼をして、各種手続きを代行してもらいます。
広告などで直葬も申し込めると記載していない場合でも、一般的な葬儀より簡単な内容となっているため、対応可能な葬儀社が多いです。

具体的な流れとしては、臨終を確認後、葬儀社に場所を指定して迎えに来てもらいます。
また、病院での臨終ではその場で死亡診断書を発行してもらいます。
日本の法律では、臨終後24時間は火葬ができないため、葬儀社は自宅など安置可能な場所に遺体を運び、棺に納めます。
葬儀社はこの時点で、火葬場の手配などを行います。
出棺までに遺族等がお花や故人の好きなものを備え、火葬場に向かいます。
火葬場では僧侶が読経をした後、火葬して骨上げへと移ります。

メリットとデメリット

直葬は聞きなれない言葉ですが、実際にはかなりの割合でこちらを選ぶ遺族が増えています。
直葬のメリットは、費用が安いこと、参列者に気を使わずに済むこと、香典返しなどをせずに済むことなどがあげられます。
また、シンプルな葬儀なので儀式にばかりこだわって時間をかけている一般的な葬儀とは異なり、遺族や参列者の負担が少ない点も魅力です。

一方で、デメリットもあります。
まず、葬儀を行わずにいきなり火葬場に持っていくという行為に納得できないという遺族は多いです。そのため、事前にきちんとお墓や供養の方法などを説明して、直葬が経費逃れの方法ではないことを伝えておきましょう。
また、菩提寺に納骨する際に、きちんとした葬儀を挙げていないお骨は拒否されることがあります。前もって直葬後のお骨でも引き取ってもらえるのかを確認しておきましょう。

自分の死後のお墓を決めるときにも、費用面での争い事は絶えません。しかし、このようにわかりやすく準備しておくと、後々家族の負担が減少するでしょう。

おおよその直葬の費用相場

一般的に、直葬は正式な葬儀よりも費用が安いといわれています。
お通夜や告別式のためのスタッフや満中陰志、会場などにお金がかかりますので、この噂は真実に近いといわざるを得ません。

なお、直葬の費用は全国で、あるいは葬儀社ごとに様々な開きが見られますが、平均的には19万円弱程度です。
葬儀社の中には、10万円もかけずに直葬プランが実行できるというところもありますが、あまりに金額が安すぎる場合には、着替えや食事などでかなり高額なお香典を請求されやすいようです。

もちろん、直葬の場合でも、火葬場できちんと僧侶に読経してもらいますので不信心というわけではありません。
近年では、このように宗教がらみでもゆったりとした流れの中で会話ができますので、故人や遺族間で話し合いを行い、適切な葬儀の方法を選ぶとよいでしょう。
特に世代が若いカップルにとっては、実家の家族がトラブルに巻き込まれるのはうれしくありません。
しっかり協議して、納得のいく葬儀を行いましょう。

まとめ

このように、直葬はコストが低く、シンプルな葬儀を考えている方に人気です。
人付き合いが多かった故人の場合には葬儀などでお互いに交流する時間を作ることも必要ですが、故人が希望していたり、それほど生前に幅広い付き合いがなかったりした場合には、早く帰宅しましょう。
できるだけ日本で手に入れられた墓石を使うと、古さはあるもののいかに丁寧に作られていたのかということがわかります。