一般葬についてもっと詳しく知る
一般葬とは?

最近ではさまざまなスタイルの葬儀があり、それぞれのニーズに合わせて選ぶことができます。しかし葬儀には、遺族との別れだけでなく社会的な意味もあるため、新しいスタイルの葬儀では満足できないという人も多いでしょう。ここでは、従来型の葬儀である一般葬の概要や、流れ、そしてメリットについて分かりやすく紹介します。

一般葬とはどんな葬儀なのか

一般葬とは、身内だけでなく、さまざまな立場の方を広く呼んで大規模に行う葬儀スタイルのことです。ですので、社会的な人間関係を重視したい方や、付き合いが多い方などに向いていると言えるでしょう。
最近は、小規模スタイルの葬儀などが、都市部を中心として主流になってきていると言われていますが、一般葬は、それらの新しい葬儀とは違う従来的な葬儀スタイルだと言えるでしょう。

一般葬の場合は、小規模スタイルの葬儀のように参列者をごく親しい身内だけに限定せず、会社関係の方やご近所の方、そして学校やサークルの関係者など、故人にご縁の合った方たちを幅広く呼ぶという特徴があります。
ですので参列者の人数についても、100名を超えるような大規模な式になることがあるため、それに合った大き目の会場を用意する必要があるでしょう。

また、費用に関しても、規模が小さな場合より高くなることがあるため、それなりの予算を用意しておくことも必要になります。

一般葬の流れはどんなものか

一般葬は、まず葬儀の前日に行われる「通夜」から始まります。
通夜は、参列者を招いて遺族と食事をしながら故人を偲ぶというものであり、時間にして1~2時間程度行われるのが一般的です。

また、忙しくて葬儀・告別式に出られない人が訪れることが多いため、弔問に訪れる人が多くなる場合も少なくないと言えます。次に、通夜の翌日には「葬儀式」と呼ばれる宗教儀式が行われます。

葬儀式は、ほとんどの場合が仏教式になると言えますが、宗派によってはその形式やしきたりなどが異なってきます。
ですので、あらかじめ葬儀社に対して、その宗派の形式等を伝えておくことも重要でしょう。

そして葬儀式の後は「告別式」が行われ、遺族と参列者が故人とのお別れをします。
告別式は、基本的には宗教儀式ではなく社会的儀式とされていますが、一部の宗派では宗教儀式として行われる場合があります。
さらに告別式が終わったら出棺式が行われ、その後、火葬場で納めの式が行われて、火葬という流れになります。

一般葬のメリットとは

一般葬のメリットとしては、まず「従来のしきたりや習慣を大切にできる」ということが挙げられます。
最近では、本来の儀式を一部省略したり、ほとんど省略するようなスタイルの葬儀も多く行われていますが、一般葬であれば、従来の伝統的なやり方に則った、しっかりとした葬儀を行うことができます。
特に、高齢の方などは安心して参列できるスタイルだと言えるでしょう。

次に挙げられるメリットは、「故人と縁のあった方を広く呼ぶことができる」ということです。
参列者を限定するような葬儀スタイルの場合だと、葬儀に参列できなかった人が、後日自宅へ弔問に訪れることも少なくないため、その対応が面倒になるということも起こりえます。

しかし一般葬の場合なら、葬儀の当日に、故人のお見送りを参列者みんなで行うことができます。
ただし、参列者があまり見込めない場合は、参列者を限定するスタイルのほうが良い場合もあるため、その点は参列者の規模などによって、どのスタイルがいいか決めるとよいでしょう。

まとめ

一般葬は、さまざまな立場の人々を参列者として呼べるため、特に人付き合いを大切にする人に向いていると言えます。
そして従来の伝統的な形式で行われるため、多くの人に馴染みやすい(問題が少ない)葬儀スタイルだと言えるでしょう。
一般葬は、参列者の人数は多くなってしまいますが、新しいスタイルの葬儀にはない、安心感や安定感があると言えます。